今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『問題解決の思考技術~できる管理職の条件』@基本は繰り返す意味あり。 

管理職・・・というよりも、全てのビジネスパーソンの基本です。

『問題解決の思考技術~できる管理職の条件』(飯久保廣嗣著)



問題解決手法「EM法」をはじめとするコンサルティング活動を展開する著者が、問題解決の思考技術を説いた一冊です。

というと、とても堅いイメージがありますが、サブタイトルに「できる管理職の条件」とあるように、現実に組織でいかに問題解決を進めるかを、具体例を交え解説しているので、意外とスイスイ読めました。


仕事を「こなす」のと「さばく」のは異質であるという視点は、非常に面白く読みましたね。

ネットの普及や嗜好の多様化を受けて、上司より部下が、売り手より顧客が、広く深い専門知識をもっていることが珍しくない現代だからこそ「さばく」能力が不可欠という説明はグッと納得してしまいました。


また、質問力についても「こなす質問」「さばく質問」という概念を導入しているあたりがナルホドと感心しました。

「さばく質問」で論理的なプロセスを詰めるのが先決、としながらも「常にさばく質問をすると、答える側に圧迫感を与えることも現実には多い・・・こなす質問をさばく質問の中へ織り込んでいくのが実際には有効」といった配慮も忘れていないあたりがニクイ!

(日本人の質問アレルギーは克服していかねば、といった苦言も忘れていませんが)

日々の仕事の風景に照らし合わせながら読むと効果倍増の一冊と思います。

分量的にはさくっと読める文庫ですけど、中身はなかなか濃いですよ。オススメ。

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


『問題解決の思考技術~できる管理職の条件』(飯久保廣嗣著)

MBA的な話にはアレルギー反応を示す方が少なくないのが日本の(特に伝統的な大)企業。

ですが、問題解決の思考技術が全くなっていないビジネスパーソンが多い現状を見ると、まあ留学しろとは言いませんが、きちんとロジカルシンキングぐらいは学んで欲しいと思います。正直。

【↓僕は、類書ではこれが一番よくできているなと思います。ぜひ一読を。】




あと、飯久保さんも言及していた「質問力のなさ」。会議でシーンと静まり返るぐらいなら、もう来なくていいよ、とか思っちゃいますよね~!!

【参考記事です⇒『質問力』@「相手から引き出す」とは

・・・愚痴っぽくなっちゃいけませんね。さあ、明日も“ちょっとだけ”頑張るぞっと!

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/09/14 00:53 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。