今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『外資系トップの仕事力』@2回読み返してしまいました。 

背筋を伸ばして読み返してしまった一冊でした。

本ブログではお馴染みの土井英司さんがメルマガで「久々の当たり」と評されていたのは伊達じゃありませんでしたよ

『外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか』



外資系企業トップ12人へのキャリア・仕事観などに関するインタビュー集です。

ISSコンサルティングという人材バンク編集ではありますが、『プロ論。』の執筆でも知られる上坂徹さんが関わっていることもあるのでしょうか、非常にイキイキとした語り口が伝わってくる出来栄えといえる仕上がりと思います。


12人それぞれのキャリア観は、当然それぞれ異なりますが、幹となるメッセージは共通していました。

自分の普段の思考や行動と比べてみて、何を改革すべきか、何から実行できるか、という気持ちで主体的に読むとものすごい価値を産みそうな一冊です。


(1)リーダーシップ

柴田励司さん(マーサー)のメッセージに尽きると思います。

・リーダーの資質=リーダーのポジションにいることをカンファタブルと思えるかどうか(そもそも人に喜ばれるために何かをする、人のために奉仕をするのがリーダー

・最初は、自分が率先垂範して自分の分身になるような仲間をつくっていくのが心地よかった。でも、この求心力型のスタイルでは規模に限界がある。そこで違う専門性を持ったプロにいかに気持ち良く働いてもらえるか、という遠心力型へとがらっと変えてみたら、これがうまくいって、また心地よかった

(2)仕事観

山中信義さん(日本エマソン)の言葉は痛かった。
最近自分を甘やかしてはいないか?環境に甘えてはいないか?

・人間の能力の差なんて、実は大したことないんです。・・・何が重要かといえば、目的を定め、徹底的に情熱を傾け、最善の努力をすることができるかどうか。全力を出し切れるかどうかなんです。だからこそ、自分の力を100%以上発揮することが求められる環境が大切になるんです。


(3)戦略思考

新宅正明さん(日本オラクル)のコメントは当然のこと。けれど実行できる人はきっとわずか。
これを現実のマインドセットに落とし込める人が勝てる、に違いない。

・もちろん過去に学ぶことはある。でも、仕組みとして過去を踏襲したら、だいたい失敗やね。むしろ過去の仕組みをどれだけ切れるかのほうが大事。新しい課題に対してきちっとプリンシプルを持って、質のいい判断をする、判断が間違ったらすぐに戻る。踏襲すべきなのは、変化には対応せないかん、ということだけ


(4)グローバル化

外資系企業トップのインタビュー集なので、どの章でもグローバル化について語られていますが、端的に語ってくださっているということで、再び山中信義さん(日本エマソン)の言葉より。

・グローバル・スタンダードの3要素:
1)オプティミズム、2)リアリスト、3)寛容性
⇒この3つをうまくコンビネーションとして持つのが、グローバルの世界で仕事ができる人間

・今後は日本もますますグローバル化していく。そのなかで活躍できる人間は、答えを一つしか求めない人間ではない。答えをマルチプルに求める人間、認める人間だと思う。恐れることなんてない。どんどん自分の意見を言ったらいいんです。


たしかに、これは「当たり」本。反省と元気を与えてくれる一冊として、手元に置いておきたいと思います。(僕はもう2回読み返しましたよ)

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


『外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか』

↑(特に企業に勤める)ビジネスパーソンには今日の一冊が絶対よいと思います。

↓もう少し広く「プロとは?」という話ならば、本文中にも出てきましたが、こちらもお勧めです。軽い本かなあと思っていたのですが、なかなかどうして。


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/09/21 00:05 ] ビジネス書 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/104-b72c8d74

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478733341本日の一冊は、マッキンゼーやGE、コカ・コーラ、P&Gなど、名立たる外資系企業のトップ12人が、それぞれの仕事哲学を語った、珠玉のインタビュー集。「問題だと思うことを表現しているうちに気がついたら人事の
山本五十六が言った「やってみて、言って聞かせてみて、褒めてやらねば人は動かじ」は名文句だ。 組織のリーダーは、自らが行動し、なぜそうするのかを情熱を持って語り、出来るだけ多くのチャンスを与えて、部下の成果を共に喜び、褒め称えてあげることで人が育つ。 リーダ
山本五十六が言った「やってみて、言って聞かせてみて、褒めてやらねば人は動かじ」は名文句だ。 組織のリーダーは、自らが行動し、なぜそうするのかを情熱を持って語り、出来るだけ多くのチャンスを与えて、部下の成果を共に喜び、褒め称えてあげることで人が育つ。 リーダ
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。