今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2006年第3四半期書籍売上ランキングです(トップ5!)。 

引き続き、7-9月の書籍人気ランキングをご紹介したいと思います。
では、昨日の続きで第5位から。

第5位:『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ヴェーバー著)


こんな堅い古典本が5位??ビックリ。

社会科学・近代思想の世界でいま何かが起こっているのか?と戸惑ってしまったプチ・ヴェーバー・バブルですが・・・

夏の終わりの「読書感想文祭り」&秋口の「レポート祭り」の副産物です(汗)。

「ヴェーバー、感想文」「プロテスタンティズムの倫理、あらすじ」・・・こういうワードでの検索が多いのを見ると、日本のアカデミーは将来大丈夫かいなと不安に陥ってしまうのも事実です。。。

でも、もしそうであったとしても、久しぶりに古典を手に取るきっかけとなったのであれば、それはそれでアリかなと前向きにとらえることにしましょう。

【記事はこちらです⇒『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』@逆説じゃなくて王道。


第4位:『ある広告人の告白』(デイヴィッド・オグルヴィ著)


4位には伝説の復刊本がきました。

土井英司さんに某セミナーで「え~っ!?まだ読んでないんですかっ?!」とハッパをかけられ、慌ててアマゾンのカートに放り込んだ一冊です(汗)。

でも、これは読んでよかったです。基本的に広告業界って「アヤシイ」という固定観念を持つ僕ですが、ビジネス全般、特にマーケティングについて非常に学びある一冊でした。

BBMでの高評価も手伝っての上位入賞。

【記事はこちら⇒『ある広告人の告白』@アイデンティティと豊かなライフ。


第3位:『広告は私たちに微笑みかける死体』(オリビエーロ・トスカーニ著)



サプライズ!

たぶん誰も知らんかったであろうトスカーニ(←ベネトン広告のカメラマンとして著名)が3位に食い込みました。ふっふっふ。

4位の『ある広告人の告白』とあわせてご紹介したものです。

以前、会社の先輩に勧めてもらい読んだ一冊なのですが、オグルヴィが「広告は商品を売ってナンボだ」というのに対して、トスカーニは「広告は商品を売るためにつくるものではない」と喝破するのですが、両者の哲学は実は非常に似ているという対照が面白くて紹介しました。

強いて言えば、ビジネス的なアプローチかアート的なアプローチかという部分ですね。

何人かの方に「オグルヴィは“なるほど~”と思っただけだったが、トスカーニは“!”と思わされた」というメールをいただいて、ブログ筆者としては最高に嬉しい会心の一撃でした。

こういう思わぬ本との出会いって嬉しいですよね?


第2位:『プロフェッショナルの自分カイゼン力』(西松眞子著)



まさかこれが2位にくるとは。こちらもビックリです!

メガネの色がどうのこうの、より「自分をカイゼンする」というコンセプトに惹かれて紹介した一冊なのですが、これだけ皆さんの手にとっていただけたのは望外の喜びですね。

【記事はこちら⇒『プロフェッショナルの自分カイゼン力』(西松眞子著)@相手を立ててこそ。


第1位:『ヤバい経済学』(スティーブン・レヴィット著)



栄えある第1位は『ヤバい経済学』でした!

着実に読まれ続けていますね。発売からそこそこ日数が経ったにもかかわらず、週末足を運んだ本屋でも平積みにされてました。

僕はすごく高く評価している本なのですが、記事にも書いたように「評価が割れる本」という印象を持っているだけに、ある意味嬉しい誤算です。

【記事はこちら⇒【評価ギャップ】『ヤバい経済学』@すべては人の心次第

・・・いや~、書いている本人が一番楽しいですね。このランキング。
恒例化しようと勝手に心に決めました。次は年末に年間ランキングで!

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/10/11 22:05 ] ビジネス書 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/112-f7b2a92f

トラバどうもです!なるほどー、違いが際立つ(笑)ランキングですね!お互い年末が楽しみです。
美しい日本、という言葉はすでにここでこの人が使っていたのですよ。死にかけの現代日本に対する警鐘が穏やかな文章で切々と述べられています。しかし、起こっているのはおじさんたちだけ、って情けないぞホント、今の日本!この本はなかなかよさそうと思ったので注文しまし
[2007/09/17 14:50] 社会科学への思い
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。