今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『SAW 3(ソウ3)』@続編の難しさ。 

映画『ソウ3』を観てきました。

結論だけ言うと大変面白かったのですが、作品の中身以外の部分でふと感じたことがあり、つらつら書いてみたいと思います。

(今日はいつもと違い、徒然エッセイ風です)

【『ソウ3』公式サイト】

2004年に、当時まったく無名だったジェームズ・ワンとリー・ワネルが『SAW(ソウ)』を世に放ち、低予算作品ながら大ヒットを記録します。

『ソウ』



2005年に『ソウ2』が製作されますが、(続編ものでは珍しいそうなのですが)『ソウ』を上回る興行成績を収めたのが認められ、今回の『ソウ3』公開と相成りました。

このシリーズのキャッチコピーは「ソリッド・シチュエーション・スリラー」。無理に訳せば、“状況設定の恐怖”とでもなるのでしょうか。

『ソウ』では、バスルームに鎖につながれた二人の男と一人の死体。『ソウ2』では、遅効性神経ガスで満たされた空き家に8人の男女。

そんな限定された空間で、数少ない手がかりをもとに、ジグソウが仕掛けた「ゲーム」が展開していく緊迫感と、実はそれら「ゲーム」の目的は命の大切さを理解させることというパラドックス、そして予想もつかない結末がこのシリーズの魅力です。

『ソウ2』



*********************************************************

詳しいストーリーを紹介してしまうと魅力半減なので、ここでは遠慮します。
今日一番感じたのは「続編って難しいな」ということです。


友人の勧めで『ソウ』を初めて見たときの衝撃といったら、大変なものでした!
ここまでのけぞったのは『ユージュアル・サスペクツ』以来、しかも衝撃度合は間違いなくそれを超えました。

『ユージュアル・サスペクツ』



そして迎えた『ソウ2』。過剰に期待しちゃいかんと思いつつ臨んだのが功を奏したか、まずまず満足のいく作品でした。

しかし気になったのが、出演者が増えて撮影空間も広くなったゆえに、状況の限定度合はむしろ低くなったのと同時に、バイオレンス度合が妙に高くなったこと

『ソウ』ではストーリーのどんでん返しに衝撃を受けましたが、『ソウ2』では映像のソリッドさに受けた衝撃がむしろ大きかったのですね。


今回観た『ソウ3』でも同様のことが言えました。たしかに結末は息を飲みましたが、やはり映像のドギツサと、前作までの謎解きが大きな比率を占めていたのです。

(ちなみに『ソウ3』は前2作を見ていないと面白さが半減以下になります!要注意!)


映画の宣伝では、ストーリーに込められたアイデアはなかなか伝えられませんが、映像のソリッドさはわかりやすいインパクトがあります。R-15指定とか。

人気作品の続編という生い立ちは、前作のテイストを生かしつつだんだんインパクトを強めざるを得ない。知名度が苦しみに変わるといった意味で、続編というのはつくづく難しいものだと感じました。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


今日は思ったことを徒然なるままに書いてしまいましたが、この作品のアイデアの凄さにはただ敬服しているのです。ぜひ『ソウ』から順番にご覧になることを強くお勧めしたいと思います!

(↓アマゾンだと、いま2割以上値引きしてるみたいです。要チェックです。)

『ソウ』

『ソウ2』

『ユージュアル・サスペクツ』

↑いまはこんな値段で買えるんですね~・・・(感)映画館行くより安い!
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/11/10 00:12 ] 映画 | TB(1) | CM(2)


プチファイさん、こんばんは!

>ちなみに『ソウ3』は前2作を見ていないと面白さが半減以下になります!要注意!

(´・ω・`)ショボーン

もっとも、今の我が家では、ムスメの教育上、人畜無害なものしか観られませんね(汗)。

でもホラーやサスペンスは嫌いじゃないので、プチファイさんがそこまで言われるなら、
いつかはきっと(汗)!!!

コメント頂いた件ですが、あながち不可能でもないかも。
なんたって出版元が扶桑社ですから(笑)。

[ 2006/11/10 00:51 ] [ 編集 ]


smoothさん、こんにちは。

「ソウ」はご家族連れは避けた方がよろしいかと・・・
でも絶対ハマるお話なので、こっそりDVDでご覧下さい。ハズレなしかと。

会計士版Dr.コト―本ドラマ化は案外夢物語ではないかもしれませんね?
[ 2006/11/11 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/120-c4ec0e6e

“「ソウ」シリーズ ファン必読!! トラップの作り方から衝撃の事実まで!! ”...
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。