今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『「続ける」技術』(石田淳著)@実行あるのみです。 

むしろ、技術を支える「本当に続けたいのか」の意思確認プロセスのくだりが納得の一冊でした。実行あるのみ。

『「続ける」技術』(石田淳著)




前回の「スパルタ読書塾」で土井英司さんからお土産にいただきました。

【参考記事:スパルタ読書塾第10回に行ってきました@素晴らしきかな、読書。


日記や英会話、禁酒・禁煙など、ついつい誰もが三日坊主に終わってしまう取り組みを「続ける」ためのテクニックを説いた一冊です。

フォレスト出版らしい読みやすいつくりになっており、スラスラ読めてしまいます。(私のようなガッツリ派にはむしろ物足りないぐらい;汗)


帯のキャッチコピー“続かないのはあなたの意思のせいではない!”にあるとおり、行動科学からのアプローチが本書の売りになっています。

「人間行動に着目するので意思とは関係なく続けられるようになる」というロジック自体は、正直やや現実的な説得力に欠ける部分もありますが、テクニックは非常に実践的なものが紹介されています。


「ターゲット行動」を定義し、阻害要因となるライバル行動を明確化した上で、それら行動の補助要因・動機付け・心理的ハードルを操作することで、行動を続けられるようにするというのが基本的なアプローチです。

「ターゲット行動」は、不足行動(続けたいのに続かない)か過剰行動(止めたいのに止められない)に大別されます。

・前者は、すぐに成果を確認できない+(すぐに望む結果が得られる)ライバル行動の誘惑に負けやすい。

・後者は、自分で格別な努力を続けなくても継続できてしまう。


ここで本書が推奨しているのが、ターゲット行動を「本当に続けたいのか」をまず自らに問うことです。

これを最初のステップにするところが、おそらく最大のポイント(※本書提言の価値でもある)のような気がします。その行動を続けることで、あなたはどうなりたいのか。そして本当にそうなりたいのか、と。


自分の意思をしっかり確認した上で、行動を続けるためのテクニックとして紹介されている「技」は、なかなかナルホドと思わされるスグレモノでした。特に印象深かったものを以下紹介します。

●数値化されたゴール(目標)を設定し、たまに現在位置を確認する

●ゴールと現状をまわりに公開する
←人間は人の目が気になる生き物

●あえて堅苦しい契約書のような形式でコミットメントを書いて意思表示するのが有効

●ペナルティはまったくの無駄金を使うものにする
←慈善行為は自己正当化につながる

●行動評価は結果だけでなくプロセスも対象に入れる
←何の評価もなされないと人間は挫折しやすい

周囲の人を巻き込むと挫折しにくくなる
←協力者に申し訳ないという意識が働く


・・・ひっくり返るほど斬新なものではないかもしれませんが、その分だけ逆に、「実行」しさえすれば相当の効果が得られるのではないかと納得性の高いテクニックの数々ですよね。


手帳も新しいものに移り、新年の目標をいろいろ考えるこの季節には適した一冊と言えるのではないでしょうか。

また、逆にこういった本をきっかけに自分のなりたい姿を考えるというのも一興と思いますよ。


『「続ける」技術』(石田淳著)

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


「行動科学」。大学のときに一般教養講座で取ったとき以来に出会ったワードで、なんだか懐しく感じられました。

最近知り合いに勧められた本もそういえば「行動科学」モノだったな~。偶然ですが、これも何かの縁ですしトライしてみようかな。




スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/12/20 01:13 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(6)


プチファイさん、おはようございます。

石田さんも立て続けにご本出されてますよね。
そう言えば、この方も言われていることは結構「王道」のような。

私個人としては、「飛び道具ファン」(笑)なので、
昨日の本も自分のキャラとはマッチしてない感じがしたり(笑)。

そういえば、土井さんともしばらくお会いしてないなぁ・・・。
[ 2006/12/20 07:18 ] [ 編集 ]


smoothさん、こんばんは!

飛び道具好きとおっしゃいますが、アプローチは結構王道でいらっしゃるような気が個人的にはしているのですが?なんて。
やはり選ぶ本にはその人の価値観や生き様が垣間見られて面白いですね!これだから止められません。
[ 2006/12/20 21:54 ] [ 編集 ]


プチファイさん、こんばんは!

今回は行動科学の方に惹かれております(笑)つい最近、その関係の講義をちょっと受けたので、もう少し突っ込んで学んでみようかな~と。・・・専門にするほどの勇気はありませんけど^^;
[ 2006/12/21 01:26 ] [ 編集 ]


淺田さん、こんばんは!

行動科学はなかなか面白そうですよね。大学で社会学を専攻していたワタクシとしては、フィーリングが合うようで、もうちょっといろいろ本を当たってみようかと思っています。

面白い文献があったら教えて下さい~
[ 2006/12/23 02:06 ] [ 編集 ]


こんにちは!度々すいません!
内容がとても興味深かったので、記事掲載させていただきますm(__)m
[ 2007/01/02 15:48 ] [ 編集 ]


涼微さん、こんにちは。
ご丁寧に連絡いただきありがとうございます。ポータル拝見しました。
引き続きよろしくお願いします。
[ 2007/01/06 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。