今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『未来を変える80人~僕らが出会った社会起業家』@未来を変える実践主義 

思いを行動に移すことに喜びを感じられるならば、未来を変える資質があるのかもしれません。

『未来を変える80人~僕らが出会った社会起業家』(シルヴァン・ダニエル、マチュー・ルルー著)



2007年一発目から、希望の光が胸に差してくる本を紹介できるのはとっても嬉しい限りです。

※個人的に「社会起業」は2007年注目しているキーワードのひとつであり、そういう意味でも注目の一冊です。
本書は、フランスの若者ふたり(20代!)が、世界38カ国を舞台に展開する「ヒーロー」に出会う旅を綴ったエッセイ集です。

ここで彼らがいう「ヒーロー」とは、社会貢献しながらしっかり稼ぎ、自分のポリシーを実現すべく活動する起業家を指しています。

●現状を解決するには、もっと中期的、長期的な調和という視点から「イノベーション」を考え直さねばならないことがわかる。たった今、すごいなと思える技術でも、それが未来の破滅につながるようなら何にもならない。僕らは進歩という概念に振り回されてしまっている。

前書きで彼らが「ハイブリッド起業家の理想」としてあげているのが、2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏であるところから推測はつくことと思います。

『ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家』



若い二人の著者が貧乏旅行をしながら、素直な言葉で敢行したインタビューだからこそ、登場する社会起業家たちのメッセージが実にいきいきと伝わってきます。


社会貢献というと、高潔な人格者が私財を投じて我が身を省みず・・・といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし本書に登場する「ヒーロー」は決してそんなことはありません。社会貢献的な目標も達成しつつ、しっかりと利益を出し、中には誰もが知る大企業にまで成長した事例も紹介されています。

●確かにデンマーク人は環境問題に強い関心を持っているが、経済についての将来ビジョンがなければ、どのプロジェクトも実際に日の目を見ることはなかっただろう。


彼らは成功に対してとても貪欲です。しかし、ヒルズ族が見苦しいのとは正反対に、彼らの奮闘ぶりはとてもすがすがしく感じられます。

それは「ヒーロー」は、誰もがハッピーになれるよう世界を変えていこうとするビジョンのもと、自ら行動を起こしているからに他なりません。

●実践主義と強い意志こそが、社会起業家に必要な資質ということだ。世界を変えたいという思いだけではなく、長期的な視野を持ち、世間の関心が薄れても、維持していけるだけのシステムを確立しようという野心が必要なのだ

また、異なった文化・環境のなかで新しいものを受け入れてもらうための工夫が、結果としてイノベーションを引き起こすという点も見逃せません。

※これについては、下の記事で詳しく触れましたのでよかったらご覧下さい。ムハマド・ユヌスも紹介されており、個人的には2006年ベスト5に入る名著でした!

【骨太】『ネクスト・マーケット』@ビジネスの意義を根本から問う



ポリシーをしっかり持って世界を変えようと行動を起こすビジネスパーソン。とにかくかっこいいのです。

読み進めていくと、どんどん気持ちが明るくなってくるのに気付きます。これからの世界、こういった考え方を持つ人が主役になっていくのではないでしょうか。

「私もその一人でありたい」そんな思いを新たにさせてくれる、年頭に読むにふさわしい一冊です。お勧め!

●結局、変化の障害になっているのは、とにかく新しいことが嫌い、今のままがいいと思っている人たちだ。・・・新しい起業家たちは、確固たる自分のポリシーを持ち、人間の力、世界を良い方向に変えてゆく力を信じている。そして、もっとすごいのは、彼らが、自分の価値観を、日々の行動に結びつけることに至福の喜びを見出しているということだ。・・・素敵な世界を夢見るだけじゃなく、夢の世界をつくるために行動しているんだ。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


冒頭にも書きましたが、「社会起業」は今後“来る”と思っていますので、引き続き追っていくつもりです。以前も社会起業関係で一冊ご紹介していますので、よろしければあわせてぜひどうぞ。

『社会起業家-社会責任ビジネスの新しい潮流-』(斎藤槙著)@価値観を軸にしたライフ。

(↓以下、今日ご紹介した本です)

『未来を変える80人~僕らが出会った社会起業家』(シルヴァン・ダニエル、マチュー・ルルー著)

『ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家』

『ネクスト・マーケット~ 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略』


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/01/06 11:42 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(5)


プチファイさん、こんばんは。
今年も1年間、よろしくお願いします!

社会起業家、まだ読んでませんでした(汗)僕も内容的には興味があるものなので、2冊まとめて読んでみたいです…が、まずは時間作り(苦笑)。
[ 2007/01/06 23:11 ] [ 編集 ]


プチファイさん、こんばんは!
明けましておめでとうございます(遅すぎ(汗))。

プチファイさんらしい選書で、今年も楽しみです。
ヒトの性善説を信じたくなりますネ(笑)!

それと、トラバ頂いていたのに、更新かけ忘れていてスイマセン(汗)。
滅多にトラバが来ないくせに、来る時はスパムが大量に押し寄せてくるので、
承認制にしてしまいました(汗)。

後でこちらからもトラバさせて頂きます。
[ 2007/01/07 01:01 ] [ 編集 ]


>淺田さん、こんばんは!本年もよろしくお願いします。
社会起業モノは絶対「来る」と踏んでますが、産学提携的なネタも含まれてくると思います。そういう意味では淺田さんには身近な?テーマといえなくもないですよね。要チェックですよ~

>smoothさん、本年もよろしくお願いします!
こういう「人」「社会」を切り口にした本は好物なもので、今後もおさえていきたいです。
個性ある選書ってなんだか楽しいですよね。
smoothさんのお勧め、今年も楽しみにしてます~♪
[ 2007/01/07 23:22 ] [ 編集 ]


トラックバックいただき、ありがとうございました。
読まれている本を見てちょっと驚きました。
また、関心分野が私とものすごく似ていたので、さらに驚きました。
社会的企業に興味があるので、これからも情報発信期待しています!
[ 2007/01/20 20:11 ] [ 編集 ]


ぶっくま~きんぐさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
関心分野が似ているとはとても嬉しいですね。
インプットだけでなく、こういう発信から交流が生まれるって、何だかわくわくしませんか?
これからもよろしくお願いします!
[ 2007/01/22 01:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。