今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

受験生の戯言@TOEFL参考書を考える。 

訳あって、32歳にして受験生生活に突入いたしました。予想外デス(汗)
まあ、望んだ道なのでやりがいはあるし、ありがたいことなのですが。もちろん、仕事も今までどおり続けています。

四苦八苦しながら生活リズムを整えていますが、ちょっと一息ついて久しぶりにブログ記事を更新できることになりました。ふう。
いま取り掛かっているのはTOEFL対策なのですが、実際に受験生してみると、参考書事情の貧しさにちょっと驚いてしまいました。

※TOEFLとはTest of English as a Foreign Language(外国語としての英語能力テスト)の略で、英語を母国語としない外国人が、アメリカの大学・大学院などに入学して、授業についていけるだけの総合的な英語力、一般常識をもっているかどうかを判定するための英語試験です。


受験生活突入が決まったところで、とりあえず本屋に足を運びました。目指すはもちろん英語試験関係のコーナーですね。

・・・ない。

いやビックリ。
私もTOEFLの存在ぐらいは以前から知っていたのですが、それにしても学習書がない。

TOEICはこれでもかと棚一杯の問題集があふれているのに、TOEFL関係はほんの数えるほどしかないのですね~

【参考記事です】『新TOEIC TEST完全攻略模試』@確信犯の広告。

あとでネットで調べてみると、TOEIC受験生は日本で年間約140万人にのぼるのに対し、TOEFLは約8.5万人らしいですね。

そりゃ需要が少ないんだから仕方ないやと思う一方で、これだけ貧相な品揃えであれば、しっかりした学習書をつくれば、そこそこ高いお値段でも買ってしまうような気もしました

(TOEICに比べて、TOEFL受験生のほうが明らかに切迫度が高いはずですし)

私がびしっと高得点取れるようになったら、e-bookでも執筆しちゃおうかな~(ビジネスチャンスのプチ予感;汗)


・・・という戯言を胸に、最初に購入して勉強してみたのが旺文社の大戦略シリーズです。

『TOEFLテスト英単語3800』

『TOEFLテストリーディング問題270』

『TOEFLテストリスニング問題350』

「受験生シェアNo.1」という帯の誘惑に耐えられず、とりあえず取り組んでみました。

『英単語3800』は受験生のバイブルとして信仰を集めているだけあり、さすがになかなかのものという手応えがありますね。難をいえば、せっかくCDが3枚もついているのですが、淡々と単語⇔和訳が繰り返しで終わっているところ。聞いていると眠くなる・・・(汗)

あとの2冊は、アマゾンでは酷評されていますが、個人的にはそれなりに意味あるんじゃないのという感想です。初心者がTOEFL本番形式にたどり着くまでのプロセスが練習問題にブレイクダウンされているところは評価してよいと思いました。



とはいえ、これだけでは不十分ということで、昨年暮れに出たばかりの新刊2冊と、テストをつくっているETS(=Educational Testing Service)という団体が出しているオフィシャルガイドを購入して奮戦中です。

『Official Guide to the New TOEFL iBT』

『TOEFL TEST対策iBTスピーキング』

『TOEFL TEST対策iBTライティング』


オフィシャルガイドは、さすがにテスト全体がよく見えるつくりになっています。全文英語(当たり前か)ですが、まあこれも試練だと割り切ってがんばります。

スピーキングとライティングの参考書は、トフルゼミナールという専門予備校出版だけあって、こちらもなかなか。ツボを心得ている感じがします。



・・・とかいって、今のところ一番役に立っているのは以前購入したこちら<↓>だったりして(汗)。正直、実用性はあまり高いと思えませんが、読んでいるととっても元気が出ますし。アマゾンレビューでも賛否両論ですが、私自身はとてもおすすめしたい一冊です。



つれづれなるままに書いてしまいましたが、受験生の立場から気づきなどあれば、またこの場でもご紹介したいと思います。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


読んだ/読みたい本もたまってきたな~。

受験生は正直ツライですが、気長にブログも続けていきたいと思いますので、どうぞ温かい目で見守ってやってくださいませ(切望)。
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/02/13 21:20 ] 英語 | TB(0) | CM(4)


プチファイさん、こんばんは!

前回お会いした時から何が起こったのかよくわかってないのですが(汗)。
アメリカの大学院とかMBAとかそんな感じなんでしょうか(わかってない)?
今度ゆっくり教えてくださいませ。

そして私は、こないだの読書塾で教えてもらった本、さくさく消化しております。
仕事も結構忙しくて、まだ職場なんですが(涙)。
[ 2007/02/13 22:39 ] [ 編集 ]


プチファイさん、こんばんは!

TOEFLってほんと本が少ないですよね~。英国向けのIELTSなんて試験もありますが、やっぱり本は少なく…。元々の目的がビジネス向けか学業(留学)向けか、でこうも違ってくるのでしょうか^^;
[ 2007/02/14 02:04 ] [ 編集 ]


もしかしてMBAですか?
プチファイさんのような方がMBAを受けたりするのが、会社のためなんだろうなぁと思いつつ、これ以上頭が良くなってしまってどうするの?!なぁんて思ったりしちゃいました!!お勉強は大変かもしれませんが、頑張ってくださいね。英会話程度でアップアップしている私には、お仕事にスキルアップに常にいそしむ先輩の姿を見ると、自分ももっと頑張らなくてはいけないわ・・・と日々、前向きになります。
[ 2007/02/14 12:14 ] [ 編集 ]


>smoothさん、お仕事お疲れさまです!
「忙しい」を言い訳にしないでワークライフバランスを両立されている姿に、いつも頭が下がります~。ワタクシも見習わなくては。。。

>淺田さん、こんばんは!
そうそう、なんでこんなに本が少ないんでしょ。TOEICより切迫してるぶん、ビジネスチャンスもあると思うんだけどな~

>akkyさん、元気ですか??
いやはや、会社のためにも自分のためにもなるとよいな~と思ってるんですケドね(汗)
本人は結構アップアップしてるのですが、周囲からそうは見えないらしく。
ともあれ、もろもろ勉強などしていると、akkyさんの偉大さが身に沁みてわかりますよ。僕は外人さんと英語で口論はできへんな~, you know?
[ 2007/02/14 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。