今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『1週間は金曜日から始めなさい』(臼井由妃著)@やりたいことは全部できる。 

豆乳ココアから始めてみますか。

『1週間は金曜日から始めなさい』(臼井由妃著)



『マネーの虎』などで有名な“銀座の女社長”臼井由妃さんによるタイムマネジメント本です。
Part1 タイムマネジメントの基本は時間密度
Part2 考えるのは15分でやめなさい
Part3 1週間は金曜日から始めなさい
Part4 時間は支配した方のものになる
Part5 頭がフル回転なら、時間効率はグンとよくなる!
Part6 時間を上手に使う人のちょっとした工夫

社長業のみならず、講演や数々の難関資格取得でも著名な臼井さんが、密度の高い時間の使い方について、気持ちの持ち方から朝食メニューまで(汗)触れた一冊。

超多忙な著者の実体験に基づくTipsということで、さすがに迫力満点です。


「人が何かをやりたいとき、時間がそれを拒絶することはない」という根底に流れるメッセージがとても素敵です。

引き算の発想(あれかこれか)から足し算の発想(あれもこれも)へのマインドチェンジができるかどうかが、これからの人生を大きく左右するのは疑いないところでしょう。


最も象徴的だったのが、「勉強」にまつわるくだり。

「忙しい時に勉強すると心のゆとりが生まれる」

・・・一瞬、意味がわかりませんよね。
でも、僕にはピンときたのです。「あ、これだ」と!

臼井さんの言葉を借りると、勉強する=自分のやりたいことに時間を使うことによって「時間に支配される」立場から「時間を支配する」立場に変わり、心にゆとりが生まれるのだと。




自分の軸足をしっかり持ち、主導権(と責任)を取って行動することの大切さはこのブログでも繰り返し触れてきたテーマですが、タイムマネジメントでもまったく同じことが言えるのですね。

そんな基本姿勢を正しつつ、「週末はご褒美にエステとカラオケ♪」といったあたりに人間味が垣間見られて、気持ち良く読むことができました。


前回紹介した『すごい考え方』ともども、会社の皆さんに読ませたい一冊です。うーむ、ちょっと講演していただきたいかも・・・


以下、他に印象に残ったメッセージなどを記しておきます。

●ある時間の中に2つも3つもの行為を詰め込むのは「ケチな時間の使い方」。
⇒ある行為に2つも3つもの意味を持たせるのが「時間密度を高める」こと。

●「時間の錯覚」・・・短時間で仕上げた仕事よりも、時間をかけた仕事の方が優れていると感じてしまう(実際は逆)⇒たとえ「考える」という重要な行為であっても、かけた時間と成果は比例しない

●あらゆる資料を読み、完璧に準備が整わないと仕事を始めない人は自らを「慎重派」と評価しているが、それは単にやる気がなく優柔不断であることの言い訳にすぎない。

●苦手な仕事や初めて挑戦する分野の仕事は、自ら期限を繰り上げて「締め切りや時間を支配する」側にまわることで、アクティブな精神状態で能率的に仕事をこなすことができる

●社員にかける言葉
○「いい仕事してるね」
×「頑張って」
⇒「頑張って」は頑張っていない人にかけるべき言葉。

●頭を使いすぎたと思ったら、休むだけではなく体を使ってみると効果的(疲れのバランスを取るのがポイント)


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!




昨年秋に買った後、あまり聴いてなかったのですが、年末のライブで曲の素晴らしさを再認識して、最近は疲れたときはもっぱらコレ(↓)を聴いてます。

スルメのように味のあるアルバムです。いまの清春は本当に「いい」です。
とにかく「いい曲」が聴きたい方はぜひぜひ



スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/02/21 01:06 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(4)


プチファイさん、おはようございます!

お!かぶった、というか、ウチでも今朝は「時間管理術」をお送りしております。
何やかんや言って私も「時間管理術」の本はかなり読んでおりますが、
根幹をなす部分は結構皆さん共通していて、それプラスアルファが何か、
というところが勝負なのかな、と。

アナログ的な部分での勝負というのは、野口さんの頃からそれほど変わっていないので、
最近は「いかにデジタルを取り入れるか」、みたいな部分に私は目が行ってしまいます(笑)。

ただ、デジタルはどうしても時間が経つに連れて劣化するので、
結局、出る本出る本みんな買ってしまうという・・・(汗)。
[ 2007/02/21 07:40 ] [ 編集 ]


>smoothさん、こんばんは。

私もタイムマネジメントとか仕事術系の本はかなり好きなほうです。
おっしゃるとおり、根っこの部分はそれほど変わっていないというのが実感ですね。
デジタルな部分では、自分はあまり進歩できていないな~
ホリエモンのメール術あたりで止まってるかも(汗)
[ 2007/02/23 00:04 ] [ 編集 ]


こんにちは。
この本、私も読んでいたんですが、こうしてまとめていただいたものを
再読すると、【なるほど】という気になります。
たぶん、印象深かったところが微妙にずれているので、
それがいい刺激になるのだと思います。
再読してみるかな。ありがとうございます。
[ 2007/03/18 01:14 ] [ 編集 ]


はぎはらさん、こんばんは!
おっしゃるとおり、同じ本でも響くところが違うので、また別の角度から学ぶことができますよね。
「一冊で二度美味しい」って、何だか得した気分になってしまう関西人のワタクシでした(汗)
[ 2007/03/18 01:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。