今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クーポンについて考える~『たつ蔵』@中野 


今日はフリーペーパー等でよく見かけるクーポン券について、ちょっと気づいたことがあったので書きたいと思います。


先週の繁忙期を残り越えたこともあり、今日は休暇を取ってリフレッシュの一日でした。せっかくなので、平日の町に繰り出そうということで、中野に出かけてきました。

中野はいろいろ有名になる要素がありますが、有名ラーメン店が多いことでも名高い町です。駅北口から中野ブロードウェイに至る通りをちょいと1本東にずれれば、たちまちラーメン・ストリートの様相。日夜ものすごい生き残り競争が行われていることは想像に難くありません

今日はホットペッパーにクーポンが記載されていたこともあって、『たつ蔵』というお店に行ってきました。

丸鶏と豚を煮込んで魚介ダシも効かせたスープ、伊藤ハムさんがバックにいる(らしい)というご加護があるからか、チャーシューもとても美味しくて大満足の一杯でした。


ところで、クーポンは以下のような特典が得られる仕組みになっています。

「麺類全品100円OFF! or 100円トッピング!(大盛り・ライスも可)」

普通に考えれば、100円分のトッピングをしてもらう方がお店にとっては得ですよね。トッピング代金の100円には当然儲けが上乗せされているのですから。

一方で、客としては選択肢を与えてもらえるというお得感を得ることができます。いち消費者として考えてみると、何かを上乗せする注文はやりやすいのですが、何かを差し引く注文は(内心そうしたくても)ちょっとかっこ悪いというかやりにくい感じがします。

今回のホットペッパーでもラーメン屋のチケットはいくつもありましたが、その中で『たつ蔵』を選んだのは「『OFF』という選択肢を提示していた」からなのかな、と今振り返ってみて思います。そして、クーポン券がなければ、はたしてこの先このお店を訪れることがあったかどうかを考えると、お店側としては、一時の損はあるかもしれませんがリターンも大いに期待できる一手だったんだなと納得できます。

たかがクーポン、されどクーポン。お店と消費者の掛け橋にも渡ってもらうためのちょっとした工夫が必要なんですね。


【今日の学び】

消費者は、広い選択肢の提示を歓迎する。特に客として言い出しにくい願望(例:値引き)をかなえてくれる選択肢であれば、効果も増す。
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2005/10/19 19:44 ] グルメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。