今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007年第2四半期書籍売上ランキングです。 

気がつけば、2007年も半分が過ぎました。
めまぐるしい半年だったなあ・・・(しみじみ)

今日は、四半期毎の恒例行事ということで、4-6月の書籍売上ランキングをご紹介したいと思います。

ウチのブログでは、最新刊にはこだわらず、私が体験して感じたコト/モノをご紹介しているゆえ、一般書店のベストセラーとは遠くかけ離れたものになっていますが、それはそれでなんだか愉快なことです。

【参考記事】2007年第1四半期書籍売上ランキングです。

それでは、第10位から。
第10位:『ママのやさしさが、学力を伸ばす』(石田淳著)



行動科学で何冊も本を出されている石田淳さんがランクイン。

『「続ける」技術』などのビジネス書が有名ですが、本書も教育を切り口にした実践に役立ちそうな一冊です。読みやすいですし、ホロリ話もぜひ追体験いただきたい!

【参考記事】『ママのやさしさが学力を伸ばす』@パパだって!


第9位:『「伝説の社員」になれ!』(土井英司著)



このブログでもたびたびご登場願っている土井さんがランクイン。

キャンペーン活動もすごかったですが(セミナーCDは美味しかったです~)、リアル書店でも引き続き売れているようですね。

青臭いけど意識が高い、こういう本は大好物です!

【参考記事】「伝説の社員」になれ!@軸足優先!


第8位:『マネジメント改革の工程表』(岸良裕司著)



1-3月は第1位の本書が、引き続き第8位に登場。

今でもときどき結構大きなスペースで新聞広告が出てますよね。

楽しい語り口ですが、手元に置いて繰り返し読むに値する本です。

【参考記事】『マネジメント改革の工程表』@組織力の向上とは。


第7位:『一冊の手帳で夢は必ずかなう』(熊谷正寿著)



会う人会う人に私が必ず勧める本のひとつです。
このブログでも時々紹介しているのですが、息長く売れているのは純粋に嬉しいですね。

本書を読んで「未来年表」をつくってから、あきらかに生き方が変わりましたからね、いやホントに。

出版されて3年ほど経ちますが、ぜひ「使って」いただきたい一冊です。読むだけじゃなくて。


第6位:『リッツ・カールトン20の秘密~一枚のカードに込められた成功の法則』



いわゆるリッツ本ですが、サービスだけにとどまらず、組織力向上全般にヒントが得られる一冊と思います。

【参考記事】『リッツ・カールトン20の秘密』@組織のチカラ。


第5位:『小さな飲食店 成功のバイブル―赤字会社から年商20億円企業までの軌跡』



『スパルタ読書塾』で紹介されて、このブログでも取り上げました。
1-3月も第5位でしたが、引き続きランクインです。

土井さんプッシュ本でしたが、周囲で実際に読んだ方も口を揃えて「いい本だ!」と高く評価されてますね。

【参考】『スパルタ読書塾』新年会@「自己愛」欠如の時代を生きる。


第4位:『あなたの身近な「困った人たち」の精神分析』



第5位と同じく、『スパルタ読書塾』で紹介いただいた一冊で、1-3月も第2位でした。

著者は精神分析の大家ですが、文庫本という形式も手伝って、さくっと読めて学びもありますよ。

【参考】『スパルタ読書塾』新年会@「自己愛」欠如の時代を生きる。


第3位:『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』



とあるセミナーで知り合いになった経営者の方に勧めていただいた、強みへの気づき本。

人それぞれの強みを発揮することこそ、個人にとっても組織にとっても最重要・・・というメッセージは、パーソナルブランド構築や組織力向上といった昨今のトピックに一石を投じてくれます。

アメリカの人材開発コンサルティング会社「ギャラップ社」の開発した“ストレングス・ファインダー”での無料診断IDが(←中古本では無効になっている可能性大なので注意!)ついてこのお値段は相当お値打ちではないかと

ちなみに、1-3月も第4位にランクインしていました。

【参考記事】『さあ、才能に目覚めよう』(マーカス・バッキンガム著)@気付きのきっかけに。


第2位:『成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語』(神田昌典著)



つい半月ほど前にご紹介した本ですが、堂々の第2位。

神田昌典さんには固定ファンも多いですが、それほど熱烈な信奉者でない私も本書はかなりお勧めです!・・・だから記事を読んで購入いただいた方がいらっしゃって、とっても嬉しくなります~。

記事で紹介したとおり、経営と家族の関係に踏み込んだくだりは、経営者でなくとも必読かと。ぜひぜひ。

【参考記事】『成功者の告白』@これぞ、ワークライフバランスかも。


第1位:『「できる人」の話し方&人間関係の作り方』(箱田忠昭著)



第1位は、箱田さんのコミュニケーション本の最新刊です。

本はもちろんですが、付録?のセミナーCDも実にイイ感じで(←何回も聴きました!)、まさに「お買い得」な一冊かと!安いでしょ、これは。

コミュニケーションは「他の人よりも上にいくため」だけではなく、適切なコミュニケーションは周囲の人を幸せな気持ちにさせるという点も重要と思います。

コミュニケーションは死ぬまで誰もがつきあう必要のあるもの。
“Time is Life.”のマインドセットで、本書のような学びを得ておくと、きっとあなたと周囲にハッピーがちょっと多めに訪れることでしょう・・・


【参考記事】「できる人」の話し方&人間関係の作り方(箱田忠昭著)@Time is Life.+お得感。


今回も興味深いランキングでした。

下半期も素敵な出会いがたくさんありますように。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


第1位:『「できる人」の話し方&人間関係の作り方』(箱田忠昭著)

第2位:『成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語』(神田昌典著)

第3位:『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』

第4位:『あなたの身近な「困った人たち」の精神分析』

第5位:『小さな飲食店 成功のバイブル―赤字会社から年商20億円企業までの軌跡』

第6位:『リッツ・カールトン20の秘密~一枚のカードに込められた成功の法則』

第7位:『一冊の手帳で夢は必ずかなう』(熊谷正寿著)

第8位:『マネジメント改革の工程表』(岸良裕司著)

第9位:『「伝説の社員」になれ!』(土井英司著)

第10位:『ママのやさしさが、学力を伸ばす』(石田淳著)
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/07/03 15:54 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(2)


プチファイさん、こんばんは!
ウチでもやらなきゃ(笑)。
忘れてましたよ~!
[ 2007/07/04 01:06 ] [ 編集 ]


>smoothさん、こんにちは。

smoothさんのところとは扱う本の性格も売上高もだいぶ違うでしょうね。
後者はともかく(汗)、前者はとっても楽しみですね。
[ 2007/07/08 14:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。