今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの話はなぜ「通じない」のか(山田ズーニー著)@自由への招待。 

一発で通じ合える、これが自由だと思った。

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)



大学時代の友人に勧められて手に取りました。
・・・なるほど、これは人に勧める価値がある!
進研ゼミ小論文編集長を経て、現在では「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載など、文章表現教育を中心に活動されている山田ズーニーさんによるコミュニケーション指南本です。

非常にコトの本質を捉えた一冊と思います!


コミュニケーションにおいて、言葉遣いや見た目はもちろん非常に重要です。
(⇒最近はその手の本が多いですよね)




が、本書は、伝えることの喜びや必要性を整理したうえで、自らの「メディア力」を客観視してそれらを高めるための技術を伝えてくれます

とにかく「真っ向勝負」な本気度が伝わってきて、こちらも姿勢を正して読んでしまいました。


特に印象に残った話を2つ紹介してみたいと思います。

(1)論理力を高めるためには?

山田さんは「自分が話す意味、他の人が聞く意味がある話をするためには、自分なりの『決め』がいる」と指摘されています。

例えば、職場飲み会のような場なら、適当に「そうですよね」と当たり障りなく相槌を打っておけば、ほどほどに時間は流れます。

まあ、それはそれでたまには良いのですが、公私問わずキッチリと意見表明して議論すべき大切なシーンでは、当たり障りないことをいくら言っても意味がない。自分なりに「決め」なければなりません

そういう「決め」を打ち出すと、意味を持つ可能性と反発が出てくる可能性の両方を秘めています。どうでもいい話には反対意見も出ませんから。

・・・そんなシーンを経験することで、初めて論理力はついてくる、と山田さんは看破します。

リスクを負って決めるからこそ、自分の判断が正しいか考え抜き、周到に根拠を用意し、他者を説得しようと努力するようになるのだ、と。

う~む、すげえ納得。

↓こういう本で思考の基礎を学んだ上で、真剣な議論シーンを経験するのがベストなんでしょうね!



↑以前読んで勉強したのですが、新版になって更に良くなってますね。
類書の中ではダントツお勧めです。


(2)人に信頼される条件

全編を貫くメッセージのひとつに「人に信頼されなければ伝わるものも伝わらない」があります。

山田さんは会社を辞めて独立してから、しばらくは人に話を聞いてもらえない/信用されないと悩む時期が続きます。話の内容や自分の中身は何も変わっていないのに・・・。

悩んだ末に彼女が気づいたポイントは、「人に信頼される条件は『つながり』『連続性』である」という点でした。

すなわち、過去から現在そして未来へと続く時間の中で、その人の連続性が感じられること、社会とのつながりが見えることで、初めてその人は信頼を得ていくのだと。

決して難しいことではないのですね。例えば、こんなこと。

・自分の仕事は、誰に、どのように役立っているのか?
・いま具体的に何をやっていて、それが3年後にどうつながるのか?


こういったテーマをきちんと語れることは、おそろしく重要になってきていることを再認識しました。

個人的な話ですが、いませっせと準備しているエッセイ類もまさにこれなんですよね。頑張らねば~


繰り返しになりますが、コミュニケーションについてとにかく正面から向かい合った一冊です。

山田さんご自身が苦労された実例もたくさん入っており、この手のテーマが好きな私なんぞはちょっと感動でウルウルもの

ワンコイン文庫で読んでしまっていいの?と申し訳なくなる力作です。
ぜひぜひ!


以下、そのほか印象に残った話を備忘がわりに記しておきます。

●何歳になっても、どんな強さを手にしても、人と通じ合えないとき新鮮な痛みを感じ続けられる人は、志が高い。

●わかってもらうために、自分はどんなことをしてきたか?自分は人のことをわかろうとしているのか?

●説得のシナリオ:相手が知りたいことから伝え、結果として相手にどんないいことがあるかを述べる
※提案者が力説しがちな「いかにこの提案が素晴らしいか」は相手の関心にない。

●情報に上がらないものはないに等しい、表現されない自己は無に等しい
⇒残酷だが、これが現実

●正論を拒むのは、人間の本能かもしれない・・・正論を言うとき、自分の目線は必ず相手より高くなっているから

●目線が肝心:自分の身の丈を越えた物言いは、逆に、自分というメディアのサイズを小さく見せる

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!




【編集後記】

英語勉強の一環で、最近おそるおそる(汗)洋書を読もうとしています。

初心者は、細かいところは気にせず、とりあえず乱読せよという知人のアドバイスに従い、Penguin Readersの読みやすそうなのをチョイスしています。

先日届いた1冊目はコレなのですが、初めての洋書体験は何だか楽しく、ちょっとハマりそうです。

(電車で洋書をめくってるってなんかカッコイイ・・・←アホですな)

お勧めがあれば個人的にでも結構ですので教えてください~。


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/07/24 13:48 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(3)


プチファイさん、こんばんは!

洋書のオススメですか~…最近は洋書より洋記事(?)を読んでます…(笑)
「アイデアのつくり方」の洋書版とか、一度日本語で読んだ本の原書に当たるのも面白かったですよ~。
[ 2007/07/26 00:28 ] [ 編集 ]


>淺田さん、こんばんは!

洋記事・・・そう、それも課題なんですよ。英字新聞でも挑戦してみるかな?
あとビジネス書の原書はあたってみようと思ってます!
新たな学びがあるかな~
[ 2007/07/27 01:39 ] [ 編集 ]


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2007/08/18 07:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。