今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『統計学入門』@時には違う本棚へ。 

MBA在校生・卒業生の方に、最近よく伺う質問のひとつがコレです。

「入学前にやっておけばよかったと思う勉強は何ですか?」

 第1位:英語
 第2位:特になし
 第3位:会計と統計の基礎


「会計と統計」は皆さん例外なくセットで答えられますね。もちろん専攻や関心分野にもよりますが、経営学の共通言語みたいなものなんでしょうね。

まあ、いわゆるMBA概論本に載っているぐらいのことは、少なくとも表層的にはわかっているつもりなのですが、そこは基本的に右脳大好きの文学部卒(汗)。ましてや統計学は素人に近いので、これをいい機会と少し勉強してみることにしました。

書評や先輩方の評判をふまえ、とりあえずコレ(↓)を購入。


『完全独習・統計学入門』(小島寛之著)




・・・いや、これがなかなか面白いのですよ。

専門的なことはよくわかりませんが、著者は統計学のことを非常に良く理解されていることがうかがい知れます。だからこそ、こんなに噛み砕いて書けるのでしょう。

中学数学レベルで十分に読み進められ、身の回りの事例で統計の持つ「意義」を感じることができます平積みビジネス書とはひと味違った知的興奮が味わえます。


たとえば、著者は「標準偏差」を重要な概念として懇切丁寧に解説されています。受験などでよく出てくる偏差値はこれを応用したものであり、誰もが“序列”をイメージする概念ですが、その本質は“性質”であると。

<例>
Aさん・・・平均点:65点、標準偏差:5
Bさん・・・平均点:65点、標準偏差:20

⇒Aさんは、合格基準60点の中堅校には非常に高い確率で受かるが、基準が70点以上の上位校には、まず受からない。

⇒Bさんは、合格基準60点の中堅校でもしばしば不合格になるが、基準が80点を越える難関校でも受かる可能性は十分にある。



こんなトピックを聞くと、AさんBさんの性格が浮かんでくるような気がして、なんだか愉快じゃありませんか?Aさんは真面目に問題に取り組みすぎて時間が足りなくなるタイプかな~とか、Bさんは実力者だけどおっちょこちょい、みたいな。

「ヒョウジュンヘンサ」という硬いワードの向こうに人の顔が見えてきて、なんとも楽しくなりますね。


著者曰く、統計的推論は20世紀になって初めて確立された技術なのだそうです。部分的事実から全体についての推論を行う=帰納的推論を初めて可能にした人間の知恵。

こんな素敵な知恵を学ばない手はないのでは?!


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


『完全独習・統計学入門』(小島寛之著)



普段のぞかないコーナーの本からは、たくさん刺激がいただけますね!

巻末に「次に読む本」リストが挙げられているのも、何気にいい感じです。畑違いの分野では、何を読めばいいのかよくわかりませんものね。

ちょっと面白くなってきたので、次はリストにあったこのへん【↓】にあたってみようと思っています。



スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2008/03/14 11:17 ] MBA準備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。