今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"@5/13日本武道館行ってきました 

B'zは今年が20周年。

僕のB'zファン歴は14年ほどなのですが、1年の半分を「LIVE-GYM、楽しみだな~」、残り半分を「LIVE-GYM、最高だった!」というエネルギーで過ごしています。(←あまり大げさではアリマセン;汗)学生時代は暇に任せてツアーをハシゴしていましたので、かれこれ50数本は参加していますが、ひとつひとつが映像で鮮烈に記憶に刻まれています



いうまでもなく日本最強、世界でも相応の人気・実力をもつ大御所バンドにもかかわらず、毎年新作を出し続けるエネルギーと情熱に勇気をいただき続けています。いつぞやファンクラブ会報で語っていましたが、LIVE-GYMはエネルギーを交換する場なのだと。だからこそ、記念の20周年を(CD&DVDリリースで済ませるのでなく)8ヶ月もの長期間にわたるツアーに捧げることにしたのでしょう。

こういう姿勢を出し続けているバンドだからこそ、支持しますし尊敬するのです。

*********************************************

最近はドームクラスの大会場にしか参加できませんでしたが、今回は日本武道館(キャパシティ:約15,000人)のチケット入手に成功しました。

九段下駅改札を出ると「チケット譲ってください」という札をかざした人々がずらずらと・・・結構な壮観でした。そりゃあ見たいよな~

アリーナ席の後ろから5列目ぐらいだったのですが、「近い!」。体感距離的には、Zepp Tokyoより近く、Akasaka Britzよりは少し遠い感じでしょうか。さすが、すり鉢状の日本武道館。気分的にはライブハウスです!

物理的な好条件に加え、セットが実によく考えられています。バンドの背後にある効果映像用のスクリーンが角度を自在に変え、最大45度?に見えるぐらいせり出してくるので、ますます稲葉さん・松本さんが近くに感じられます。特にここ数年ですが、背景・音響・爆発といったLIVE環境にどんどん磨きがかかっている印象があります。まさしくプロの仕事という感じ。テンション上がります。



さて、今日のLIVE-GYMは最新アルバム"ACTION"のツアーだったのですが、20年の歴史ゆえ引き出しが無限にあるB'zは、もはや選曲そのものがLIVEの醍醐味のひとつ。今回も目いっぱい楽しませてくれました。最新アルバムはもちろん、10年以上前の名曲も輝きを増し、シングルのカップリング曲まで。1曲1曲のイントロが流れるたびに心躍らされる至福の2時間半でした。

※以下、SET LIST(&発表年)です。記憶違いがあったらごめんなさい。

『純情ACTION』(08)
『黒い青春』(08)
『パーフェクトライフ』(08)
『One On One』(08)
『一心不乱』(08)
『OH! GIRL』(89)
『New Message』(03)
『夢見が丘』(95)
『Easy Come, Easy Go!』(90)
『満月よ照らせ』(08)
『HOME TOWN BOYS' MARCH』(08)
『永遠の翼』(07)
『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない(Acoustic ver.)』(93)
『GIMME YOUR LOVE』(90)
『Liar! Liar!』(97)
『さまよえる蒼い弾丸』(98)
『FRICTION』(08)
『SUPER LOVE SONG』(08)
『光芒』(08)

アンコール
『BURN-フメツノフェイス-』(08)
『ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~』(96)


MCで稲葉さんが語っていたのが、『ACTION』というアルバムの題名にちなみ、「辛いときでもACTION起こしていこう。孤独に感じても、誰かがアナタを見て感動して新たなACTIONを起こし、世界が動いていくかもしれない・・・これって素敵なことでしょ?!」。

あのアツいLIVEで14年間僕を動かしてきてくれたB'zの音楽は、これからも僕のACTIONのエナジーであり続けてくれることでしょう


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


それにしても途中何度か登場した火柱と、最後の花火はすごかった・・・(バンドメンバーも明らかにビビッたように見えましたよ;汗)大音響&客席まで熱い放熱。

ドームクラスの会場でも質が全く落ちないのがB'zの凄いところですが、やはり小さめの会場だと迫力が違いますね。来年のツアーにあわせて帰国プランを考えないと、と真剣に考えてます。

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:
今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~ - B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"@5/13日本武道館行ってきました " size="65" onclick="this.focus()" onfocus="this.select()" />

[ 2008/05/17 00:11 ] 音楽・ライブ | TB(0) | CM(2)


私は残念ながらB'zは詳しくないのですが、先日朝のワイドショーでLIVE-GYM の名前の由来を放送していたのがなぜか記憶に残っていました。一緒に青春を駆け抜けて、そして成長していけるアーチスト(アイドル?)がリアルタイムに存在するってすごいうらやましいです。ライブでの曲順を覚えているなんて、プチファイさん、すごい!
[ 2008/05/19 17:44 ] [ 編集 ]


メリーアンさん、こんばんは。

LIVE-GYMでいつも感動するのは、稲葉さんの青臭さとストイックなプロフェッショナリズムが同居しているところです。

会場で思い切り熱くなり、稲葉さんのお話を聞いて素直にジーンと感動し、また明日から張り切って生きる。こんなバンドとめぐりあえて、僕は幸せですよ。
[ 2008/05/21 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。