今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クレームしたもん勝ち?@Finance classを振り返って。 

Financeをreviewしていて、ふと思い出した興味深いやりとりについて記します。


Financeは世界中どこのB-schoolでも必修の科目ですが、Emoryでは1回生秋学期にCore classとして全員が受講します。世界中のMBA学生の多くが読んだであろう定番教科書をベースに、教授お手製のclassnoteで勉強しました。



【↑新品ハードカバーは20,000円以上します。内容は一緒なので、こっちを購入する方が賢いかと。】

B-schoolで初めて迎える授業の教科書ということで恐る恐る勉強を始めたのですが、読み進めてみると、あちこちにジョークも交えた読みやすいテキストで、さすが定番モノと感心したものです。

僕自身のBackgroundはFinanceに直結はしていなかったので決して楽ではありませんでしたが、その分学びも多く、まずまず満足いくクラスでした。


ところが、このFinance のcore class、秋学期のなかで最も学生からクレームがたくさんついた授業のひとつとなったのです。Why?

クレームはいくつかあったそうですが、僕が聞いた中でなんとも印象的だったのは2つ。

1)授業が難しすぎる/扱う範囲が広すぎる
2)テストの出題傾向が予告と違う


1)ですが、今年は担当教授が変わりました。で、どうやら昨年のcore classはものすごく範囲が狭かったようなのですね。昨年の話を聞いたアメリカ人学生を中心に「なぜ今年はこんなに大変なんだ?と結構な数の文句があったとか。(注:上述したとおり、今年のクラスは楽ではありませんでしたが、non-native かつnon-finance guyの僕でもそれなりについていける内容でした

2)については、いわゆる「テストにはこの問題集から中心に出るぞ」的な事前予告と、実際の出題がやや傾向が違ったじゃないかというクレームだったとか。


んー、院生にもなって文句つけるような話かな?というのが第一感でした。
が、理由を聞いてちょっとだけ納得。

投資銀行をはじめとするFinance系のキャリアを目指す際に、B-schoolでのFinanceのgradeがチェックされるのが気になるんですって。

授業で扱う範囲やテスト出題傾向が違うと、効率よく好成績を取りにくいじゃないかと。


・・・気持ちはわからないではありません。この厳しい就職状況(特に投資銀行など)を考えると、ちょっとしたことでも好印象を先方に与えたいでしょう。

しかしまあ、「だから時間をかけて勉強しよう」ではなく「だから情報を集めて効率よく片付けよう」とする人が多く、またそれを堂々とクレームするのがいかにもアメリカだなあと思わされました。

善悪はさておき、本音を伝えて事をなんとかうまく運ぼうとする図太さは、見習う部分があるのかもしれません。少なくとも、グローバルに活躍していくためには受容できないとね。



念のため、誤解なきよう記しておきますが、優秀なFinance Guyはクラスメイトにたくさんいます。議論していると、彼らの鋭いセンスと情報処理能力にはしばしば感心させられます。

それにしても、もうちょっと真面目に勉強すりゃ済む話なのに、と思ったのは、僕が日本人だからでしょうか。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


テキストは日本語翻訳版もあるのですが、渡米前にさーっと目を通したときに妙に構成やところどころの説明文に違和感があったのを覚えています。Amazon書評でも似た声が複数あるので、たぶん翻訳の問題でしょう。英語がどうしても嫌という方以外は、オリジナルのほうがたぶんわかりやすい(かつ安い!←日本語版は上下2冊構成)のでお勧めです。




スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/05/08 14:26 ] MBA(学習) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。