今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語で話す分岐点@『Small Talk - More Jazz Chants』 

言葉の違いは、国境を越えるコミュニケーションにおいてとても大きな問題です。僕もアメリカに来て1年近くになり、英語も多少上達したとは思いますが、未だ挑戦と修行の毎日です。

日本にいるときに周囲の人、特に会社の同僚が「英語は話を伝える道具にすぎない。大切なのは内容だ」と言っていたものですが、まあこれは

半分以上ウソ

だと最近は確信しています(汗)。

同質的な組織に長くいると、「どんなに素晴らしいことを考えていたとしても、シェアできないと何の意味もない」という事実を直視できなくなる/気づかなくなるものです。留学生活における大きな気づきのひとつです。



英語でコミュニケーションするときのポイントはいくつもあると思いますが、私のように初の海外経験というような人にとっては、Small Talkがスムーズにいくかどうかはひとつの分岐点になるといえます。

 「どうもどうも」「お疲れさん」「お昼どうするの?」「まだ決めてないですけど」「今日はカフェでサンドイッチでもどう?」「ああ、いいね。●●さんもどうですか?」・・・



こんな感じの、いわゆる他愛のない日常会話。英作文問題ならきっと解けるのでしょうが、これを何も考えないでサラっと言えるか、頭の中で一生懸命英訳して絞り出さないといけないかは大きな違いです。というか、致命的に違います


今日紹介した『Small Talk』は、Jazzのリズムに乗せて、そんなやり取りの数々を口ずさめるように編集されたCDとテキストです。ほんとの初心者以外は、CDのみでも大丈夫。口ずさむのが意外と楽しくて、ふんふんやっているうちに英語脳になっていくのが実感できます。いやほんとに。

もちろん、あくまでSmall Talkが題材なので、これ一冊で英語はバッチリ!・・・とはいきませんが、私のようなドメドメ君には、Supplementとしてもってこいかと思います。【お勧め


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/05/18 07:59 ] 英語 | TB(0) | CM(1)


突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/english/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/english/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
f6iXnvJ1
[ 2009/05/18 08:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。