今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Simple English, please. @『ドクター・ヴァンスの英語で考えるスピーキング』 

コミュニケーション能力の向上は、最近のビジネススクールでの最も力を入れている項目のひとつです。とあるExecutive対象のサーベイによると、企業がMBA学生に最も求める資質として「漠然とした状況を切り開くための論理力とコミュニケーション力」だそうです。いわゆる"Soft skill"を重視する傾向が強まっているのだとか。

Emoryでも、昨年からProfessional CommunicationというクラスがCore courseのメニューに追加されたのですが、YaleでBusiness Communicationクラスで教鞭をとるヴァンス氏が日本人向けにスピーキング能力向上のための7つの思考法を解説したのが本書です。



第1章 思考法その1 英語の情報パッケージ
第2章 思考法その2 潜在意識のテンプレート
第3章 思考法その3 滑らかなサウンドストリーム
第4章 思考法その4 成功を左右する雑談
第5章 思考法その5 メロディーとそこに隠された意味
第6章 思考法その6 標識となる言語の威力
第7章 思考法その7 メッセージ・デザイン

ひっくり返るほど斬新なことは書かれていないのですが、読んでいて「おっ、そういえばそうかも」とピン!とくる学びがたくさんありました


例えば、第2章では英語の思考テンプレートについて述べられています。ひとことで言ってしまうと、行動者を明確にして能動態を使い、動詞でストーリーを展開するというものです。

Academic essayなどでは、説得性を高める等の観点から、無生物主語(懐かしい文法用語!)の英文が使われることも多いのですが、たしかに日々の会話では滅多にお目にかかりません。

僕がacademicに自分の考えをまとめた英文を準備してクラスで発表したら、理解するまでに周囲が十数秒固まってしまい、冷や汗をかいたものです。もちろん英語としては正解だったんですよ。でも、近くに座っていたアメリカ人から「お前、Native speakerよりも難しいこと言うな~」と冷やかされました。


抜粋は避けますが、本書ではそんな通じる話し言葉と伝わりにくい話し言葉を、事例とセットで解説してくれています。

このTipsを頭に留めるようにしてから、気のせいかもしれませんが、少しわかりやすく話せるようになってきた気がします。実際にアメリカで暮らしてみて、少なくとも日々使う分については、英語はシンプルなものだと思えるようになってきました。僕もまだペラペラには程遠いですが、あと克服すべきはリズムとメロディぐらいじゃん、と思うと気が楽になってきます。


ちょっとぐらいなら英語を話せるけど、どう伸ばしていけばいいんだろう?」という方には、とてもお勧めの一冊です。

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!




スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/05/23 05:31 ] 英語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。