今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽生善治名人「他力が勝負を決める」 

強烈な知的衝撃を久しぶりに受けました。とりあえずこの4分半の映像を見てください。



将棋の羽生善治名人/四冠王が、NHKプロフェッショナルに出演したときの映像です。


持っている力を全部出し切りたいところを、理性で力を弱めて相手に何かさせるのがトッププロの真髄だと。


うわー、びっくりした いや、これはすごい話ですよ

羽生さんは、普遍的な知を将棋の世界から抽出して言葉にする達人なのですが、このビデオなどは、まさにその極致です。

将棋好きでなくても、仕事や日常生活のシーンに相通ずるものがあります。
ああ、この興奮をシェアしたいものです。



【以下、インタビューからメモ(敬称略)】


アナ:将棋を指す時に理性が大事とおっしゃった。それは具体的にどういうことですか?

羽生:将棋って持ってる力を全部出せば良いってもんじゃないんです。
例えば、重量挙げは持ってる力を全部出さなきゃ上げられないですよね、でも将
棋はその強さの加減をしないといけないんです。
一手指すその手の強さは一番強い手でいっちゃいけないんです。

・・・気持ちとしては一番強くいきたいんです。
持っている力を全部出し切りたいと思うのは自然なことですけれど、それを意識
的に弱めていかないといけないという感じなんです。

・・・そうなんです、将棋って他力なんです

・・・自分が何を選択するかというのも大事なんですけれど、
実はトッププロ同士で一番激しい駆け引きというところというのは、如何に自分
は何にもしないで相手に手を渡すかというのが一番大きな駆け引き
なんです。

茂木:武術に似てますよね。
羽生:あっ、似ています。おっしゃるとおりです。相手の力を利用してというのは武術と一緒です。

・・・強い力でいくと強い力で投げ返されてしまうので、投げ返されない程度の弱い力でいくという感じ。


【参考記事】棋は対話なり~羽生善治『決断力』


たくさんある羽生さんの名言で、特に僕が好きなのは「才能とは継続すること」です。




※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/07/24 22:48 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。