今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲーム理論とMBA:戦略眼を養う『ゼミナール ゲーム理論入門』 

MBA09の先輩に譲っていただいた一冊です。分厚いですが、読む価値大



秋学期で、Emory MBAの名物教授によるゲーム理論のクラスを受講する予定なので、基本的な考え方を予習する意味で通読しました。

本格的に学ぶのはこれが初めての機会なのですが、「どちらの駅前にコンビニを出店すべきか」といった非常に分かりやすい具体例で解説したうえで、普遍レベルの議論を展開するので、時間はかかるものの納得しながら読み進めることができました

非常によくできた本だと思います。おすすめ



ゲーム理論は90年代に経済学で多用されましたが、近年では企業の経営戦略など意思決定全般に適用される分析手法として知られています。

一方で僕の知る範囲では、ゲーム理論を否定的にとらえるニュアンスの文献やビジネス書が少なくありません

曰く、「理論のとおりに物事は運ばない」「現実はもっと複雑だ」「人間は感情の動物で行動を決定する要因は他にある」云々。





個人的に面白いなと思ったのは、こういったゲーム理論批判は、巷でときどき見かけるMBA批判と論調がよく似ているということ。そしてこれら批判の共通点は・・・


批判している人の多くはゲーム理論を学んだことがない/MBAで学んだことがない
→ゆえに、ゲーム理論/MBAの効用を理解しない
→さらに、その効用を理解しようとせず、むしろ目を背け、ただ自分の経験と一般論をもとに批判展開


要するに、根底にあるのは「ゲーム理論を知らない/MBAで学んでいないが、自分は負けていない、いやむしろ優れているのだ!」という、ただの自己防衛本能に基づく過剰反応ということですね。学ぶこともなしに。



世の中の事象がすべてゲーム理論のとおりに進むはずがありません。

重要なのは、意思決定を、現場で培った本能的な勘ではなく、フレームワークを整理してステップを踏んで考える・・・いわば戦略眼を養うことなのです。


「理論のとおりに事は運ばないんだ!俺の現場体験はもっと尊いんだ!キーッ」と声を裏返して寂しく自分の現在価値を主張するよりも、

理論を通じてどのように現実を高めていけるのかな」と本書を手に取る方が、よっぽど生産的で将来価値も上がると思います。



どんな理論や経験だって、それぞれの価値や強みがあります。「どちらが優秀か」ではなくて、自分の知らなかったものを素直に受け入れつつ、自分の存在価値を高めていけばいいんじゃないの?と思うばかりです。

素直に前を向いて生きていきたいものです。そういう人や組織と仕事したいですね


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!



スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/08/01 23:40 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。