今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひとりフレンチに挑戦~オステルリー・スズキ@赤坂 

今日は朝からなんだかとってもフレンチな気分で、特にお肉が食べたーいという衝動がどうしても抑えられなくなってきました。とはいえ、ディナーの時間にさっと退社できるかどうか微妙な状況だったこともあり、思い切ってランチでひとりフレンチに繰り出してみる決意を固めたのです。

お店は、以前休日に妻とお邪魔したことのあるオステルリー・スズキ』@赤坂に決定。前回食した鴨のコンフィがとっても美味しかったので、ひとりということも忘れ、期待で胸も高鳴ります。

予約なしということもあり、念を入れて昼休み時間帯をずらして13時少し過ぎにお店に到着しました。地下に降りてひとりで訪れた旨を告げると、快く席を用意していただきました。ピーク時間過ぎにもかかわらずかなりの席は埋まっていましたが、幸いスムーズに入店成功。

日替わりランチは前回食べた鴨のコンフィかスズキとキノコのパイ包み卵ソースでしたが、メニューにわざわざ付箋を張り付けて「鴨のロースト」が紹介してあったのに目を引かれ、スペシャリテの牛頬赤ワイン煮かとさんざん迷った挙句にローストの方をチョイス。1890円のコースと相成りました。

●本日のスープ:ニンジンのポタージュ
●メイン:鴨のロースト(マスタードソース、里芋のフリット&冬野菜ソテー添え)
●デザート:ワゴンから3つチョイス(プリン、ガトーショコラ、シードルのジュレ)
●コーヒー&プティフール

お味の方は期待を全く裏切らない素晴らしいものでした!うーん、鴨のウマさってこんなに滲み出てくるもんなんだ~、とひとりニコニコ。レアに近いんだけどスモークはしっかり染み渡っていて、いやー鴨おいしいわ!ソースも実に美味しくて、ついついパンでお皿をぬぐってしまいました。(サービスのお姉さんに笑顔で「きれいに食べていただいてありがとうございます」と言われちゃいました。うー、ちょっとがっついてました?でも美味しかったからOK!)

また、付け合せも絶妙で、サービスの方に聞いてみたところ「里芋を軽く素揚げにしたもの」とのこと。歯応えと柔らかさの中間が実に楽しい食感で、たっぷりめの冬野菜とあわせてこちらも大満足。

ワゴンデザートは前回来て感激したサービスで、こちらも健在。時間帯が遅かったのでシュークリームが品切れだったのが唯一残念でしたが、今日の三品も美味しかったです。


で、何より嬉しかったのが、内心ちょっとどきどきのひとりフレンチを実に気持ちよく過ごさせていただいたことですね。ランチ時ということもあるのでしょうが、料理もスムーズに出て、サービスの方も付かず離れずかつフレンドリーな対応で、充実した1時間少々をすごすことができました。

10月2日付のブログで「ひとりカラオケ」の可能性について触れましたが、「普通はカップルとか友人と団体で来るのが当然」と思われているジャンルの「ひとり●●」はビジネスチャンスになり得るんじゃないかな~と道すがら考えるプチファイ!でした。


【今日の学び】

客の属性に合わせ、「店にとって」ではなく「客にとって」を考えるサービスがユーザーを惹き付ける。全ての仕事において、行き着くところはホスピタリティ。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがあればクリックいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします!

<蛇足>
ホスピタリティについて学ぶのならば、この本をとりあえず読んでおくのが最適と思います。百貨店・ホテルとジャンルこそ違いますが、根底に流れるサービス精神についてたくさん学びがありますよ。

「ノードストローム・ウェイ」

「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間」


・・・さて、最後にひとつご紹介をさせてください。僕は決断に際しては、それなりにいろいろ情報を集めたりするようにしているのですが、今年は本だけでなく、メールマガジンに背中を押してもらうシーンが本当に多かったです。例えば「ブログで情報発信する」ことひとつをとっても、ITに決して強いとは言えない僕のなかでは抵抗感があったのですが、いざ始めてみると・・・そりゃしんどいこともありますが、楽しいことの方が百倍千倍多いのです!

そんな僕の背中を押してくれたメルマガ『エンジニアがビジネス書を斬る!』【通称:エンビジ】をご紹介したいと思います。その名の通り、エンジニアの“まるるちゃん”さんがビジネス書をネタに学びを語っているのですが、視点に付加価値がついているというか。誤解を恐れずに書くと「ロジカルに、さくっと、かつ前向きに」な感じ?

「うーん、そもそもこれの位置付けは●●だからして・・・」みたいな人が僕の身の回りには多いので、危うくそんな毒気にあてられかけていたのかもしれません。書評も味わえますし一挙両得、ということで学びを求めていらっしゃる方は登録されてみては?(もちろんメルマガなのでタダですよ;)

『エンジニアがビジネス書を斬る!』

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2005/11/01 18:28 ] グルメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。