今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cross-cultural Business Panelに行ってきました。 

BBA(経営学部)の教授から声をかけていただき、"Cross-cultural Business Panel"にパネラーとして出席してきました。

学部生向け授業の一環として、ビジネスに関連する異文化経験について、MBA留学生がBBAアメリカ人学生の質問に答え、教授が議論を適宜膨らませていくという形のパネルディスカッションです。

メンバーを替えて2回に分けて行われ、僕の回には、チリ・ブルガリア・シルビア・中国・日本からMBA1名ずつがパネラーとして参加しました。


まだ実務経験のない若い学部生ということもあり、前半は異文化に対する好奇心的な質問が続きました。「アメリカに対する印象はどうか」「文化的慣習で最も違和感を感じるものは?」といった感じの、ジャブ的なやりとり。

後半戦から、徐々にビジネス的な要素が入ってきます。例えば、「チームプロジェクトを進める中で感じる文化的な相違点は?」という質問がありました。僕が話したのは以下のような点です。

・アメリカ人は、自由にどんどん議論を広げていくのがうまい
・制限を設けずに互いの意見を尊重しつつ話を広げておいて、締め切りが近くなると急速に担当分担⇒アウトプットをまとめるモードに切り替わるあたりは見習う部分がある

・日本人は、整然と議論していくのが好きな傾向があるように思う
・ある程度最初にゴール/落としどころの見当をつけておいてから、順次仕事をこなしていくというイメージ

・どちらが優れているということはないが、未知の領域に取り組む際にはアメリカ流のアプローチが有効かもしれない
・日本流は、効率よくミスの少ない仕事の進め方という意味で強みがあるのではないか


「あー、そうそう。わかる」といった概ね共通認識といった反応でした。

他の出席者からの意見で印象深かったのは「アメリカ人は各人の強み(数量計算、資料作成、議論の仕切りなど)を明確に意識していて、強みを生かした役割分担に早く持っていこうとする傾向があるように思う」という話でした。

ああ、そうかも。「チームワーク」というと、僕なんかは「みんなでひとつの仕事を片づける」というイメージなのですが、アメリカ人とチームを組むと、「責任分担⇒自分の仕事をやり遂げる」という感じが強いです。もちろん、人にもよりますけどね。



(↑昔読んだ本なんですが、きっと今読むと更に分厚い学びがありそう。再読してみたいと思います)


特に興味深かった質問をひとつ。

最近日本のビジネススクールに行ってきたという教授から、突然「日本企業に就職した学生の典型的な初日の過ごし方を教えて」と振られたのです。

最初、質問の意図が全然わからなかったのです。頭の中に??がつきながら、日本製造業の現場主義みたいなことを期待しているのかなあと思い、「最初の配属先は本社ではなくて、地方の工場や営業所でまずは現場を見るところからキャリアを始めることが多い」云々と話していたら、なんとなく微妙な雰囲気に(汗)。

あれ、ピント外れてるか?と焦り始めたところで教授が「あー、いえいえ、初日の夜は何をしますか?」と助け船を出してくれました。

「え?・・・いや、営業所や工場の方々が歓迎会をしてくれて、皆で飲みに行ったり・・・」と言うと、クラスの皆さんが「Wow!」「Amazing!」と驚きの反応を。


いやいや、驚いたのはこっちなんですが(大汗)。

意外な反応に目を丸くしていると、教授が解説してくれました。

「アメリカでは、大学を出たばかりの新入社員に、周囲からすぐに食事に誘って皆で歓迎するといった習慣はないんですよ。個人の予定が優先で、親しい友人が職場にできてから、各自で食事などにいくのが普通。なので、職場全体で新入社員を大切に迎え入れるという文化は、日本の素晴らしいところだと思いますよ」


へええええ。 パネラーとして参加して、こちらが勉強させてもらいました。職場の飲み会も(適度にやる分には)、立派な日本文化なんですね~。

終身雇用という時代ではもはやないのかもしれませんが、人材を大切にする姿勢は日本のいい文化として残していければいいなと思いました。

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2010/04/10 05:55 ] MBA(学習) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。