今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

株式投資のココロ 

最近、本屋にいくと店頭に平積みにされている株式投資の本の多さにびっくりさせられます。いやー、本当にちょっとブーム到来って感じですね。今後、郵貯マネーや団塊マネー流入を考えると、企業業績の改善もあり、もうしばらくは堅調な株価推移は続くのかなと思っています。


社会人デビューするときに諸先輩方からいろいろいただいたアドバイスのひとつに「株を始めろ」というのがありました。曰く、自分の資産がかかって初めて人間は真剣に「どの業界が経済を支えているのか、今後成長していく分野は何か」を考えることができるからと

僕は父親が株式投資を趣味としてやっていたこともあり、株に対してネガティブな印象は全くなく、社会人2年目から投資を始めました。確かに株やファンドを買い始めると、日経新聞やワールドビジネスサテライト等を真剣に見るものです。正直、現在でも「金儲け!」という意識は甚だ希薄でして、社会勉強の一環と位置づけて投資は続けています。(金額は大したことありませんが)


そういう意味で、いわゆる財テク本にはあまり関心がないのですが、「そもそも投資とは?」を考えることにはすごく意義を感じており、有名な投資家バフェット氏の書籍などは、ときどき読み返しています。いろいろ出版されていますが、一番コストパフォーマンスが高いと思っている一冊をご紹介しておきますね。

『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術』

表題はやや財テクっぽいですが、内容はもっと骨太でして、株主・投資家の立場から企業をどう見るかといった領域にも言及がなされています。本書に書かれている分析を全部こなすのは相当な重労働ですが、着眼点を学ぶという意味で学びが非常にあります。発行は2002年ですが、今読んでも全く古さを感じません。普遍の真理「そもそも株とは?投資とは?」を再認識させてくれるという意味で、今後も大切にしたい”投資に値する”一冊と思います。


一方で、僕も儲けたくないわけではないので(笑)、最低限のテクニック的なことはいちおう勉強しました。こちらはある程度鮮度勝負という部分がありますので、最新情報をベースにまとめたセミナーやレポートでさくっと学ぶべきなんでしょうね。

いっぱい本を買い込んで情報の波に溺れるよりは、このへんのレポートをどんとひとつ基本に据えて短期間で勉強しちゃうのが得策かもしれません。あくまで本質は別のところにあると、少なくとも僕は思っていますから。

このへんもいいかも。いずれにせよテクニックはさくっと速攻で片付けて早く本質を考えるステージに行きたいものです。


【今日の学び】

株式投資の真の意義は社会を見る目を養い、そして社会経済活動に主体的に参加することにあり。



スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2005/11/03 23:37 ] ビジネス書 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/23-3d7144a9

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術メアリー バフェット デビッド クラーク Mary Buffett David Clark 井手 正介 中熊 靖和投資家として世界一の財を成した、ウォーレン・バフェットの銘柄選択術をまとめ、全米ベストセ
[2005/11/04 11:59] CUITE ブログ
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。