今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『常識の壁をこえて』(ダン・S・ケネディ) 

こんにちは、プチファイ!です。今日はこの本を読んでちょっと元気になれました。ぜひご紹介したいと思います。

『常識の壁をこえて』(ダン・S・ケネディ著、金森重樹監修)



最初に本屋で目にしたときは、新書を一回り大きくしたぐらいのサイズで厚さも大したことはないにもかかわらず、1,500円というお値段を見て「立ち読みしてみるか」ぐらいの気持ちで手にとりました。(悲しい小市民・・・)

ところがどっこい、パラパラとめくるうちに目に飛び込んでくるフレーズが、心をつかんで放さないのです!最後までめくった後「これは買わないと後悔するな」と観念して購入した一冊です。無論、今は買って大正解だったと思っていますよ。

原題(NO RULES : 21 Giants Lies About Success)が示すとおり、ビジネス、特にマーケティングにおいて、成功するためにはいわゆる"常識"を乗り越え、時には否定する必要があるというのが著者のメッセージです。

特に印象に残り、僕を力づけてくれたメッセージはこの2つでしょうか。

「サクセスストーリーの主人公を動かした真の原動力は、おうおうにして、ハッピーでポジティブな感情とはかけ離れている」
「人が何かを成し遂げようとすれば、はじめから強い反感を買うことを覚悟しなければならない。胸に抱く野望が大きければ、それだけ反感を買う可能性も大きくなる」

できることならば、誰もがハッピーな気持ちで仕事ができるようにしたい。と僕は常々考えてきました。そしてそれ自体は間違いではない本当の気持ちでもあります。

一方で、会社でプロジェクトをまわそうとすると、そのプロジェクトが前例のない価値を生み出す可能性があるものであるほど、猛烈な反発を食らうことをここ2年ぐらい感じてきました。その矛盾に僕はずっともやもやしていたのです。「ああ僕の仕事のまわし方が悪いのかな・・・」

けれども、この本を読んで何だか目が覚めたような気がしています。価値を生み出そうとすると反発を買いながらも、時には負のモチベーション(執念、怨念?)でもってプロジェクトを動かしていかないといけないのだなと。

道は険しいですが、このある種の「悟り」をもってすれば、明日からまたちょっと頑張ってプロジェクトをまわしていけそうな気がしてきました。こうして文字にしていると改めてそれを実感します。よーし、明日もまたちょっと頑張ろうっと!


【今日の学び】
人が何かを成し遂げようとすれば、はじめから強い反感を買うことを覚悟しなければならない。胸に抱く野望が大きければ、それだけ反感を買う可能性も大きくなる。

※人気ブログランキングです。少しでも学びがあればクリックいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします!


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2005/09/30 00:03 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。