今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラーメン“姉妹店”の難しさ:『桜桃』&『山頭火』@中野 

“姉妹店”は事業展開のやり方として時々見ますが、結構両刃な部分があるのだなあと考えさせられた話がありましたので、ご紹介したいと思います。

最近よく足を運ぶ中野にて、また一軒ラーメン屋さんが誕生したということで、早速行ってきました。惹かれたキャッチフレーズは「名店『山頭火』の姉妹店、ラーメン激戦区にオープン」。『桜桃』と書いて、「さくらんぼ」と読むらしいです。つけ麺が売りなんだとか。

『山頭火』といえば、とろ肉・塩といったメニューで有名な行列のできる旭川発祥というラーメン屋さん。『山頭火』自体は、正直そんなに好きなタイプではないのですが(結構値段も高いし)、敢えて激戦区・中野に新機軸で店舗を出してきた意気込みを確かめたく。

『山頭火』公式サイト

駅から徒歩5分ほどの、まさに激戦区真っ只中にお店はありました。外観は意外と地味なつくりですが、長いカウンターにぐるりと囲まれた厨房の中では元気よく職人さんたちが働いており、なかなかいい感じです。19時頃に行きましたが、20席ほどある店内はサラリーマンを中心に、半分近くは埋まっていました。売りは「旭川から直送の和風つけめん」とのこと。

お店オススメというつけそば680円をいただきました。どのへんが旭川風なのかは、浅学な僕にはよくわからなかった(濃い目/やや甘目のダシがそれ?)のですが、麺・具・スープともに全体的に高レベル。強いて言えば、せっかくの美味しいスープが濃いダシで隠されすぎな感じがしますが、系統としては僕の好きな大勝軒と似ている感もあり、たぶんつけそばを食べにまた足を運ぶのではないかと思います。


さて、ところで本題。
メニューの一番上にデカデカと載っており、また店舗表の看板でも大きく写真入りで紹介しているのが「つけめん」で、僕は迷わずそれにしたのですが、店内をぐるりと見渡すとつけめんを頼んでいるのは約1/3といったところだったんですね。残りの方々は、とろ肉と塩が半々ぐらい。(このお店では、いわゆる『山頭火』メニューも扱っているのです)

つまり、このお店に足を運んできた人の多くは、店として推したいメニューよりも『山頭火』メニューを選んでいたわけです。

もちろん『山頭火』ブランドの力を再認識はさせられましたし、またお客さんのニーズに応えることも必要なわけですが、せっかくの屋号を変えて新機軸を打ち出そうとする試みが、“あの有名ならーめん『山頭火』の姉妹店”というキャッチフレーズのおかげでやや力を失っているという仮説は成り立ちうるように思います。(第一義が利潤追求なのであれば、『山頭火』屋号のれんわけの方がベターだとすると、今回の新屋号の第一義はきっと違うところにあると考えるのが自然ではないでしょうか)

一方で、『山頭火』の知名度は客を集めるうえでの大きな強みであることは間違いなく、新機軸を打ち出すこととの間でジレンマとして横たわっているのではないでしょうか。

そういう意味では“(有名店の)姉妹店”というブランディングは、結構きつい両刃な打ち出しなのかもしれないなと思った次第です。


【今日の学び】

強みは時として足かせになる。
例えば、知名度は集客においては強みであるが、新しいものを創り出していくに際しては障害になり得る。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!

↓この記事を読んで山頭火が食べたくなった人は・・・






「山頭火」のおやじが作った生ラーメン「きなり」オリジナルセット5,000円コース 「山頭火」のおやじが作った生ラーメン「きなり」オリジナルセット5,000円コース


・・・さて、最後にひとつご紹介を。僕は決断に際しては、それなりにいろいろ情報を集めたりするようにしているのですが、今年は本だけでなく、メールマガジンに背中を押してもらうシーンが本当に多かったです。例えば「ブログで情報発信する」ことひとつをとっても、ITに決して強いとは言えない僕のなかでは抵抗感があったのですが、いざ始めてみると・・・そりゃしんどいこともありますが、楽しいことの方が百倍千倍多いのです!

そんな僕の背中を押してくれたメルマガ『エンジニアがビジネス書を斬る!』【通称:エンビジ】をご紹介したいと思います。その名の通り、エンジニアの“まるるちゃん”さんがビジネス書をネタに学びを語っているのですが、視点に付加価値がついているというか。誤解を恐れずに書くと「ロジカルに、さくっと、かつ前向きに」な感じ?

「うーん、そもそもこれの位置付けは●●だからして・・・」みたいな人が僕の身の回りには多いので、危うくそんな毒気にあてられかけていたのかもしれません。書評も味わえますし一挙両得、ということで学びを求めていらっしゃる方は登録されてみては?(もちろんメルマガなのでタダですよ;)

『エンジニアがビジネス書を斬る!』
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2005/12/08 22:16 ] グルメ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/35-b867d7e3

前に山頭火があった場所が店名を変更して新規開店になったってことで行ってみる店内もメニューも変わらず前の山頭火には無かったと思う油そばが気になるけど塩らーめんを食べてみたスープ、麺、具も山頭火そのものでなんら変わりがなく油そば試してみればよかったと後...
[基本情報] 店名…山頭火 住所…東京都中野区中野5-60-2 最寄り駅…中野駅 [評価]★★☆☆☆ [コメント] 山頭火は一通り食べましたが、塩ラーメンが一番いいです。塩ラーメンといっても豚骨ベースです。 味は、店によってかなり変わります。私は神保町や中野に行きまし
[2005/12/11 11:52] ラーメン紀行
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。