今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高円寺PR部長就任を空想してわかったこと 

今日はお休み。天気もとても良かったので、ふらりと知らない街を歩きたくなり、いつもは通勤経路で通り過ぎるだけの駅で途中下車してみることにしました。ということで、今日は高円寺をぶらぶら歩いて思ったことを徒然書きたいと思います。


駅を降りて最初に思ったことは「えっ、すごく開けた街じゃん」ということでした(←失礼な話ですね。すみません)。

高円寺といえば、ねじめ正一さんの『高円寺純情商店街』のイメージしかなかった僕は、もっとレトロな街並みをイメージしていたのですが、見事に第一印象でひっくり返されてしまいました。



その後、純情商店街を皮切りに、駅周辺にある商店街を3つほどぶらぶら散策してきました。雑誌等でみたことのあるカレー屋さん『インディア』や数々のライブハウス、なぜこんなに並んでいるのか美容院・・・。驚き感心しつつ、最後は「ラーメン峰」でチャーシューメンを満喫してシメ。へえ、すごい街だな、ここはと。


そこでひとつ思ったことがあります。もし僕が高円寺の町内会長(そんな方が実際いらっしゃるのかどうか知りませんが)だったら、この街をどうアピールしていくのかなと。

「中央線文化」が最近ブームだとかで関連書籍もたくさん出されていますが、そこでは高円寺は「レトロが息づき商店街文化が栄える街」のような打ち出され方をしているように思います。

僕が半日歩いて感じた街の印象をひとことでいうと「芸術の街」。(吉祥寺も似てるけどあっちは「文化の街」って感じなんですよね。)レトロが生き残っているのではなくて、全ての取り組み(飲食店や古着店も含めて)を芸術と見なしてピュアに打ち込んでいる街。そんなPRのやり方をしていくことで、この街への注目はもっと高くなっていくんじゃないかな。


・・・ま、これが正解とか不正解とかはないのですが、「もし自分がこの街のトップだったら」のような視点でモノを考えていると、視野が広がるというか思考レベルが一段高くなるような気がしますね。こういう経験は悪くないと思いませんか。

そんなことに気づきを感じた散策でした。


【今日の学び】

固定観念に捉われず、自分が責任者(例えば町長)だと仮定して考えることで、物事の違う面を見ることができる。そして自分の思考はワンランク成長させることができる。

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2005/10/02 02:44 ] その他雑件 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。