今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「スパルタ読書塾」番外編@本の相互紹介~リンクしてるって素晴らしい! 

このブログでも何度かご紹介している「スパルタ読書塾」(詳細はこちらをご覧下さい)で知り合ったなかで、オフィスが近くにあるメンバーで集まって、がやがやおしゃべりしてきました。お題は「最近読んで面白かった本を語り合う」。

本棚は人となりをあらわすとはよく言われたものですが、本について語り合うのは人格と人格が磨きあうようなドキドキと楽しさがあります。また、こういうネットワークを通じて知と思考が世界にリンクされていくんだなと嬉しくなってしまった2時間でした。

今回参加者にご紹介いただいたのはこの2冊です。

『経産省の山田課長補佐、ただいま育休中』 山田正人



題名どおり、経済産業省に勤める山田さんが、男性では(残念ながら)きわめて珍しい育児休暇を取得しての1年に及ぶ体験談を記した一冊です。薦められて昨日買ったばかりなのでまだ読了していないのですが、個人のワークライフバランス、社会制度への問題提起、人としての価値観をどう形成していくのかといったいろいろな切り口から感じる部分が多々ありました。

ご紹介いただいた方ご本人のコメントもよかったら見てくださいね。すごく意識の高い素敵なブログですよ⇒こちら

なんと偶然にも、著者の山田さんのお話を聞く会が3日後に開催されるとの情報を教えていただきました。公私両方の面で非常に関心あるテーマでもあり、迷わず参加決定!・・・ということで、この週末で読了し、山田さんのお話を伺ったうえで、改めて詳細はご紹介したいと思います。

『心の動きが手にとるようにわかるNLP理論』千葉英介



NLPも最近よく耳にするワードですね。僕は正直「怪しい」というイメージを当初持っていたのですが、実際にビジネスの世界に身を置いていると、結局仕事をする上でモノをいうのは、資格や知識ではなく「いかに心をつかむか」であることが身に沁みて分かってきます。

そういう観点で見るとNLPのようなビジネス心理学的領域はもっと注目されてもよい分野なのかもしれません。実際、本書を読んでいると「ああ、あのときは先方はこういうふうに感じていたのかな。ならばもっとこちらもベターな対処法があったのに。」と思わされる学びがたくさんありました。

日本式終身雇用に代表される「ヒト」の経営が終わり、キャッシュフロー経営に代表される「カネ」の経営が幅を利かせていた時代に取って代わられたものの、エンロンや最近ではライブドア事件に代表されるゆがみが指摘され、ここ数年また「ヒト」「ココロ」の経営にスポットが当てられているように思います。会計知識も必要ですが、ここいらで心についてゆっくり考え直すのもいいかもしれませんね。

ちなみに以下は僕が持っていった本です。数が多くなってしまったのですが、いい本は人に薦めたくなるんですよね~ということで簡単にご紹介だけしておきます。

『ウィニング-勝利の経営』ジャック・ウェルチ

⇒経営は人なり、というメッセージが実に力強く、ウェルチの存在が急に身近に感じられたりするTips満載の一冊です。ブログ記事はこちらをご覧下さい。

『ミリオネア・マインド-大金持ちになれる人』ハーブ・エッカー

⇒「気持ちの持ちようですべては変えられる」何だか元気が出て前向きになれる一冊。ブログ記事はこちらをご覧下さい。

『グッド・キャリア』山本直人

⇒著者は博報堂の人事部長さん。キャリア本には以前から非常に関心があるのですが、その中でもかなりよくできた本です。勝ち負けではない、「折り合い」をつけていくキャリア構築という観点が、ストーンと心に響きます。僕は半年毎ぐらいに読み返している一冊です。また機会を設けてご紹介したいと思います。

『常識の壁をこえて』 ダン・S・ケネディ

⇒題名どおり「常識」をぶっとばし、日々の行動にブレイクスルーを与えてくれます。関連記事はこちら

『会社はだれのものか』 岩井克人

⇒ライブドア事件をきっかけに非常に語られる機会の増えた「会社はだれのものか」。ビジネスパーソンは多かれ少なかれ「会社」と関係を持って生きていくはず。時々こんなテーマを真剣に考えてみることで、逆に「自分とは何か」を考える機会も得ることができますよ。関連記事はこちらです。

『ブランド人になれ!』トム・ピーターズ

⇒経営コンサルタントの大家、トム・ピーターズの代表作といってよいでしょう。とにかく読んでいると元気が出てきます。ファイトが欲しい時にはぜひ!ブログ記事はこちらをご覧下さい。

いやはや、やはり読書は素晴らしいですね。人のネットワークと相まって、すべてがリンクしていく図はとにかくワクワクして仕方がありません。またこういう機会はどんどん持っていきたいなと思いました。

【今日の学び】

読書は知と知をつなぎ、人との出会いはそのリンクを数倍に昇華する相乗効果をもたらす。そんな素敵なことを実行するのにためらう理由は何もないはず!


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/02/06 01:26 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。