今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『アクロイド殺害事件』(アガサ・クリスティ)@ひねくれ発想のエネルギー 

偶然(←実はブックオフでまとめ買いしたから)なのですが、最近ガストン・ルルーとかチェスタトンとか、古典ミステリーに触れる機会が続いています。

※ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』記事はこちら
※チェスタトン『ブラウン神父の童心』記事はこちら

『アクロイド殺害事件』(アガサ・クリスティ著)



知らない人はいないであろうアガサ・クリスティのポワロ登場作品の中でも、最も有名な作品といえるでしょう。実は何となく結末は知ってはいたのですが、これまた使命感に駆られて読んだというのが正直なところでした。

しかし、斬新な手法です!うーん、びっくり。わかっていても口アングリという感じですね。最後まで読んでから、パラパラっと読み返してみると、その完成度の高さに再度驚かされます。クリスティが前書きで、このトリックはアンフェアだという批判の声に自信を持って反論することを楽しんでいた云々というくだりも、十分に納得できます。しっかりとした裏づけがあったうえでの冒険、というのがプロの仕事を感じさせますね。

ストーリーを紹介してしまうと台無しになので、これ以上は触れませんが、やはり「古典的名作」といわれるものは読んでおくべきだと改めて感じましたね。今更ながらですが、強くお勧めの一冊です。いろいろな出版社から出ていますが、個人的には創元推理文庫のがもっとも読みやすく装丁も雰囲気があっていいと思いますね。

『アクロイド殺害事件』(アガサ・クリスティ著)


・・・比べるのは全くおこがましいのですが、心情的にはとても似た冒険をした経験が、鮮烈に僕の記憶に残っていたりします。

忘れもしない小学校5年生の夏休み前。宿題で読書感想文を課せられました。優秀作品は市が主催する作文コンクールに出品されるというものです。その頃から読書大好きだった僕は先生に「どんな本の感想でもいいんですか?」と元気よく質問をしました。すると先生は、虫の居所が悪かったのでしょうか、「何を聞いてたんだ、読書の感想を書けばいいんだ!」と怒鳴られたのです。(当時その先生とは非常に相性が悪かったのです・・・)

カッチーンときた僕は「はいはいはい、わかりました~~~」と口を尖らせて答えると、家に帰るや否や猛然と作文を書き始めました。タイトルは「なぜ人は読書するのか」。・・・そうです。「『読書』の感想ならいいんでしょ」とばかり読書についてひたすら書き進めたのです。詳細は忘れましたが、「人は快楽をはじめとする本能的欲求を満たすために読書するのであり、教育の場において読書を強要するのは愚の骨頂だ」とかいった挑発的な作文であったことは鮮明に覚えています。といっても単なる学校批判ではなく、自分の読書に対する思い入れをひたすら書いたのが印象に強く残っています。

で、それが鮮烈に印象に残っている理由は、そうして提出した作文が読書感想文部門ではなく、なんと一般部門の方で大人や大学生に混じって表彰されてしまったからなのです。市庁で表彰される僕の姿を、担当の先生が渋い渋~い表情で見ていた姿は忘れることができません。


振返れば、大人気ないというか困った小学生だなと苦笑いするしかないのですが、「今に見てろよ」という反発心は、時にとんでもないエネルギーとクリエイティビティを生むことがあるのだなと今もしみじみ思います。

全くの想像ですが、クリスティも当時の文壇や推理小説の流れに対抗し、「これでどうだ!」という思いで作品を書いたのではないでしょうか。意識して何かに反発する必要はないかもしれませんが、「俺がすごいのかましてやるぜ」ぐらいの勢いは常に持って行動するぐらいで、人間ちょうどいいんじゃないのかな。

【今日の学び】
「今に見てろよ」の心意気が創作のエネルギーとなる。ただし、しっかりとした裏づけが必要な事は忘れずに。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/02/28 21:08 ] 文学 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/55-a58d97f2

時々、アガサ・クリスティの推理小説が無性に読みたくなる。 元々推理小説は嫌いな方ではないが、同じ作家の同じ小説を何度も、しかも何冊も読み返すというのはアガサ・クリスティくらいである。 そして、不思議なことに読む度に印象が違う。読む度に新たな発見がある。しか
[2006/02/28 23:56] サルの家
村の名士アクロイド氏が短刀で刺殺されるという事件がもちあがった。そのまえにさる婦人が睡眠薬を飲みすぎて死んでいる。シェパード医師はこうした状況を正確な手記にまとめ、犯人は誰か、という謎を解決しようとする。六十余編のクリスティ女史の作品の中でも、代表作と
アクロイド殺人事件著者名:アガサ・クリスティ 出版社:新潮社 出版年:1958.08 ISBN :4102135014 クリスティの有名なミステリー。クリスティの定番といえる作品ですら、まだ読破できていない現況に愕然とする。クリスティはかなり読んだつもりでも、「ABC」も「オリ
[2006/03/01 12:24] めぐり会いたい
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。