今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウルトラマンマックス「つかみとれ!未来」@最終回に見た未来志向 

31歳にして(恥ずかしながら)毎週ワクワクしながらついに最終回まで全回見てしまいました。土曜朝放送のウルトラマンマックス



土曜日曜朝に放映される特撮ヒーローものが人気を集めています。ここ2、3年話題になっていたのは、子供だけでなくイケメン俳優にお母さん方が夢中になっての人気でしたが、昨年ぐらいからは(子供のとき番組に熱中していた)お父さん層がハマッていく現象が新聞等でも取り上げられるようになりました。

僕はまだお父さんではありませんが、似たようなものかもしれません。昔大好きだったイメージが壊されるのが嫌で、ここ数年のウルトラマンは全然見ていなかったのですが、今年放映開始された『ウルトラマンマックス』は、あのバルタン星人やゼットンが再び現れる“原点回帰のかっこいいヒーローもの”としてのコンセプトがとても気になり見始めたところ非常に面白くて、とうとう全て見てしまった次第です。

一度このブログでも「たばこに見る信頼の喪失」と題して、メトロン星人の登場するお話『狙われない街』について書いたことがありますが、個人的にもいろいろ感想等いただくほど反響の大きい回として印象に残っています

『ウルトラマンマックス』公式サイト

↑ストーリーやキャラクター紹介はこちらに譲るとして、先週放映された最終回について少し書きたいと思います。

最終回タイトルは「つかみとれ!未来」。地底に暮らす人々が地上で暮らす人類による環境破壊に耐えかねて、自らを守るため地上攻撃システムを発動。地上から交渉に向かった主人公の誠実な愛情ある態度に地底の人々は心を動かされるものの攻撃システムは止められない。未来をつかみ取るためにウルトラマンマックスと人々のとった行動は・・・ひとことでいうとこんなお話でした。

印象に残ったのは全てが解決した後の描き方なのです。普通は事件解決の後、ウルトラマンがM87星雲に帰っていくことで話が終わるのですが、『マックス』では主人公たちが年老いて、宇宙に飛び立つ孫を部屋の窓から温かく見守るシーンがしっかりと描かれました。そして手をとり「(孫がこれから飛び立つ宇宙にいるであろう)マックスに伝えたいね。僕たちは未来を●●●って」

↑あ~、もう、とにかくすごくいいシーンだったので、この映像を文章で伝えられないのがもどかしい~

通常視聴者の想像にお任せする(ある意味禁断の)領域であった「未来」にここまで具体的に言及することについては評価も分かれると思いますが、僕は高く評価したいです。

冒頭にも書きましたが、この作品は「原点回帰」をひとつの大きなテーマとして取り組まれてきたなかで、昔登場した怪獣が再登場するといった部分だけを取り上げると、下手すると懐古主義に陥る懸念が常にあったと思いますそんな中で最終回にあえて「未来」を描くことで、振返る/懐かしむのではなく前を向くスタンスを作品として提示しようとした製作者のメッセージをとても強く感じたからこそ、僕はこの作品を評価したい。


終わりよければすべて良しではありませんが、ドラマの最終回にはいろいろなやり方がある中で今回はとてもいい形で締めくくったのではないかと思います。昔の作品のリメイクや音楽ではカバーが流行る今日この頃ではありますが、単なる懐古ではなく未来志向の姿勢あってこそ意義があるのだということを頭に入れておきたいものです。


【今日の学び】
「原点回帰」は、懐古ではなく未来志向の意識下でこそ活きるもの。
ひとつの終わりは必ず次に向けての始まりである。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


ウルトラマンマックスは、泣かせたりうならせたり笑わせたり、とバラエティに富むストーリーで、お子さんお父さん以外にもぜひ見ていただきたいですね~

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/03/30 00:43 ] テレビ | TB(14) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/63-bb442e63

思えばいろいろな思い出が一杯つまったウルトラマンマックスもついに最終回を迎えました (*^-^)ゞ 敬礼♪ オープニングタイトルのところにあったマックスの影絵がこんな感じだったのに驚きです o(炎_炎)o ウォオオオッッ!!    つかみとれ!   未来
番組冒頭での”マウス・トゥ・マウス”の人工呼吸と心臓マッサージに呆気に取られました。ミズキってば、『何処で溺れたんですか?』てか・・・ただのショック状態だったの?たしかエリーは『ミズキ隊員の生命反応がなくなりました』って言ってたよね。だとした....
[2006/03/30 06:57] SISTER'S SHIP
ウルトラヒーローシリーズ2005 ウルトラマンマックス マックスギャラクシー装備バージョンバンダイこのアイテムの詳細を見る 最後の最後まで、突っ込みどころ満載でした。今日のマックスは最終回「つかみとれ!未来」、前回の続きで、カイトの絶叫「ミズキィ~ィ」から。 
[2006/03/30 06:57] ガヴァドンなボログ
ウルトラマンマックス 最終話 「つかみとれ!未来」。王道の最終回。人事を尽くした後に奇跡はやってくる。良いお話でございました。以下ネタバレあり。
[2006/03/30 09:46] Kyan's BLOG II
機械獣サテライトバーサーク 機械獣ギガバーサーク 登場
先週と続きものなので、今週2話分UPです。同じ地球上の生命体である地底人に、地球を守るために攻撃されてしまう地上人。先週、な~んとミズキが死んでしまいました?!こ、これは命を3つぐらい持っているウルトラマンが出てきて助けるの???・・・なんて....
[2006/03/30 12:02] あれやこれや
先週よりの続き~人類による地上環境の汚染、破壊に際して地底帝国デロス都市は壊滅の危機に瀕していたのだった。地下に潜入したカイトとミズキは? そして地球を去らなくてはならないウルトラマンマックスは? どうなる人類!?●OP この曲もリアムタイムで観る聞くこ
先週の続きではじまる。心肺停止状態になったミズキに、人工呼吸&心臓マッサージで蘇生を試みるカイト。 人工呼吸というよりはキスシーンのような感じだったが(^^;、ミズキは見事蘇生。救命措置のためというよりも、マックスの生命エネルギーをミズキに分けたor愛の力、と
[2006/03/30 12:40] 独 言 工 房
メビウスにウルトラ変身応援団…平均年齢60超 (夕刊フジ) - goo ニュース4月8日から、TBS系で毎週土曜日夕方5時30分から放送開始!ウルトラマンメビウス!関連サイトは公式サイト http://www.hicbc.com/tv/mebius/main.htmSirMilesさんのメビウスファンサイト・G
生体反応のなくなったミズキにカイトは必死の心肺蘇生。おっぱい触って熱い接吻のおかげで奇跡の復活。思わず、エリーの目にも涙。するとデロスの中の人がカイトの行動に感動し、バーサークシステムを発動したことを後悔する。しかし、一度発動してしまったものは止められな
[2006/03/30 21:35] さかっちブログ
機械人形オートマトン 機械獣サテライトバーサーク機械獣ギガバーサーク 登場 わっ!今週はいきなりカイトがミズキに人工呼吸&心臓マッサージ! 純真なカイト隊員は遠慮気味なので、なかなかミズキは覚醒しない。 もっと強く息を吹きこめっ!◆ やった! ミズキは息
ウルトラマンマックス最終二部作、あるいはその前の「星座泥棒」をプロローグとして加えて、最終三部作というところか。予想を上回る完成度の結末だったと思う。 地下空間に住むもう一つの地球の住人デロスが人類による地球環境破壊の影響で滅亡の危機に瀕し、そのために
[2006/03/31 23:15] weblog版日々雑文
「ウルトラマンマックス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:青山草太、小川信行、長谷部瞳、ショーン・ニコルス、満島ひかり、宍戸開、桜井浩子、黒部進、他 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしていま
【商品名】HG ウルトラマン46 ウルトラマンマックス新たなる力編 ウルトラマンマックス 【メーカー】バンダイ ガシャポン【全長】約100mm【備考】新品、未開封、ミニブック付です。カプセルは付きません。【メール便発送:○】・・ ウルトラマンマックス・ ウルトラマンマッ
[2007/09/10 06:26] 特撮・ヒーローの感想
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。