今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『こころのエンジンに火をつける魔法の質問』@メンターとは 

「静かな場所で自分にたずねてください」と帯に書いてありました。そんな、お風呂から出てホットミルク片手にめくってみたい一冊との出会いです。

『こころのエンジンに火をつける魔法の質問』(マツダミヒロ著)



全部で120ページ強、新書を少し大きくしたぐらいの片手で手軽に持てる本。しかも見開きで片方のページにしか文字が詰まっていない、ということでもし本屋で出会っていたら、文字好きな僕はレジには持っていかなかったもしれません(失礼)。

実は「スパルタ読書塾」(→記事はこちらでご紹介しています)のプレゼント企画で当選したのですが、結果としてこの幸運に改めて感謝することになります。なぜなら、メンターとしてずっと机の横に置いておきたいと思える本だったからです。

いわゆる自己啓発、マインド革新といったジャンルに属する一冊です。「答えはすべて自分の中にあるはず→自分を見つめなおそう」というコンセプトは類書にもときどき見られますが、具体的な質問にして「あなたは●●ですか?」と見開きで目に優しく飛び込んでくる構成と、温かい語り口は疲れた心身にすっとしみこんでくれます

問いかけにハッとさせられる第一段階だけではなく、1分でも2分でもよいので自分の回答を考えてみる第二段階に進むと、この本の価値はグッと上がることうけあいです。自分を主語に考えることができれば、知らないうちに実際に言行がかわってくるものですよ(←経験者は語る)。

読んでいて印象に残った素敵な言葉の一部をご紹介しておきます。こういったメッセージを込めた「魔法の質問」が詰まった粋な一冊。手元に置いて時々読み返していきたいと思います!

偶然を偶然と思わず必然だと思うことで、いいことがどんどん連鎖していく
・嫌いなことを100個書き出してみよう。嫌いなところに焦点を当てることで、これまで見つけにくかったほんとうにやりたいことを発見するため。
・行動をとめる言葉ではなく、行動を加速させる言葉を使っていこう
・相手を変えるいちばんの方法は、じつは自分を変えること
・自分が聞きたいことを、まずは相手に話してみよう
・「想像」と「理想像」を二つ考えてみる。そして、その差を埋める努力をしてみてはどうだろう
「やりたいこと」の情報を発信することによって、その夢は確実に実現に近づく

【今日の学び】
行動を起こすヒントは必ず自分の中にある。だからこそ常に自分を主語に、物事を考えていこう。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!

年度が変わり、新しい職場や人との出会い・別れが飛び交う中で、いわゆる「五月病」に陥らないように、メンターとしてこの本を片手に自分への問いかけを繰り返していきたいと思います。

『こころのエンジンに火をつける魔法の質問』(マツダミヒロ著)

先月ご紹介した『めんまじ』(→記事はこちら)と並んで、僕のメンターになってくれそうです。頼もしい限り。。。&素敵な出会いに感謝感謝!

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/04/03 00:25 ] ビジネス書 | TB(3) | CM(2)


TBありがとうございました。
「自分への問いかけ」大切ですよね。
[ 2006/04/03 21:44 ] [ 編集 ]


CWさん、コメント&TBありがとうございました。
「質問力」って最近注目されてきてますよね。問いかけるという一見プリミティブな行為には本質的な意味が隠されているなと感じる今日この頃です。
[ 2006/04/04 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/64-2c6890f3

ちょこちょこと考えながら読んでいた「こころのエンジンに火をつける 魔法の質問」
[2006/04/03 21:42] CW馬なりにて歩む
マツダ ミヒロこころのエンジンに火をつける 魔法の質問著書のマツダさんとお会いしたことがあります。昨年、初めての自サイトワタシきれいドットコムを立ち上げるに際し、思うところがあって通った場所でのことでした。以前からメルマガ【魔法の質問】の読者だったので、発
[2006/04/04 08:15] SAHARA-Blog
マツダミヒロさんと私は、昨年の京都非凡会:[KW]の2日間をご一緒した縁がありま...
[2006/04/05 22:31] KatsuhitoWeb
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。