今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ウェブ進化論』(梅田望夫著)@素直に波に乗ってハッピー。 

久しぶりのヒット本に当たりました。知的興奮状態

『ウェブ進化論』(梅田望夫著)



※本書は「スパルタ読書塾」(→記事はこちらでご紹介しています)コミュニティでご紹介いただきました。ありがとうございました!

「本当の大変化はこれから始まる」という副題にも垣間見られますが、

1)今後10年の潮流として「インターネット」「チープ革命」「オープンソース」を挙げ、来るべきネット社会を中心に時流を的確に分析している

2)そんな社会でイキイキと生きていくため持つべきマインドセットについて示唆が満載

というマクロ/ミクロ双方のアプローチが脳みそを気持ちよく興奮させてくれます。

全編を通じて印象に残るのは「ネット社会の到来だからといって、確かに一斉に全ての秩序が崩壊するわけではない。けれども、この先ずっと言い訳を続けていくよりも、流れを素直に受け止めその波に乗っていくほうが明らかにみんなハッピーじゃないですか?」という筆者の姿勢。

う~ん、何だかこの力の抜けた感じが逆に痛快だと思いませんか。そうそう!と思わずうなずきたくなります。


例えばオープンソースについて、その本質を「何か素晴らしい知的資産の種がネット上に無償で公開されると、世界中の知的リソースがその種の周囲に自発的に結び付くことがある」ということと、

「モチベーションの高い優秀な才能が自発的に結びついた状態では、司令塔にあたる集権的リーダーシップが中央になくとも、解決すべき課題(たとえそれがどんな難題であれ)に関する情報が共有されるだけで、その課題が次々と解決されていくことがある」と筆者は説いています。

筆者の言葉を借りると「あちら側」に情報発電所を置くことで、情報そのものに革命的変化が起こり、大きなパワーが生まれる。並行して情報自身が淘汰を起こすという考え方が生まれてくる。

来るべき社会の足音に何だかどきどきしませんか?

「情報の機密性が高いゆえ共有に際しては以下の問題点が・・・」なんて小難しい顔して想定問答を考え続けるよりも、きっと誰もがハッピーになり、また新たな価値が創造されるに違いありません。


もうひとつご紹介しておきたいのは、ブログに関するお話です。

これまでモノを書いて情報を発信してきた人たちが、いかに「ほんのわずか」であったか、そしてその「ほんのわずか」な存在とは、決して選ばれた「ほんのわずか」なのではなく、むしろ成り行きでそうなった「ほんのわずか」なのだ。・・・そんな認識が少しずつ広がりを見せているところが、ブログの本質を考える上で重要なポイントであると筆者は指摘します。

ニーズがあるのは(専門家そのもののスクリプトではなく)専門と一般を繋ぐブログであるという分析をふまえ、エントリーを読みながら「ふーん、そうだよねー」というふうに意識を再確認するというある種の社会合意形成の連帯をブログに見出すあたり、非常に鋭い分析と感心するとともに、とてつもない可能性を感じます。

また、ブログが個にとっての大いなる知的成長の場であるという指摘についても激しく共感しました。「ブログを通じて自分が学習した最大のことは、『自分がお金に変換できない情報やアイデアは、溜め込むよりも無料放出することで(無形の)大きな利益を得られる』ということに尽きると思う」は全く同感です。


他にも、グーグルとヤフーの競争の背景に、サービスにおける「人間の介在」の意義を巡る発想の違いを指摘したり。最近よく耳にするようになったロングテール現象やWeb2.0についてもわかりやすく解説がなされており、こいつは間違いなく「買い」です。

『ウェブ進化論』(梅田望夫著)

この記事を書いている時点でアマゾンの書籍部門3位にランクインしていましたが、来るべき社会の足音を素直に受け止めて、それにしっかり乗っていける人々が増えていくと、世の中がもっと生産的でハッピーになっていくのではないかと強く思いました。このブログを読んでくださるような方は、必ずやその波に乗ることを望んでいらっしゃるはず。

僕も基本的にベストセラーには飛びつかないタチなのですが、これは別格。とりあえず読んどきましょう。


【今日の学び】
・ネット社会の到来だからといって、確かに一斉に全ての秩序が崩壊するわけではない。けれども、この先ずっと言い訳を続けていくよりも、流れを素直に受け止めその波に乗っていくほうがきっとみんなハッピー。
・個にとっての大いなる知的成長の場(例えばブログ)を簡単に手に入れられるようになった。自分がお金に変換できない情報やアイデアは、溜め込むよりも無料放出することで(無形の)大きな利益を得ることができる。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


最後に、筆者があとがきで記したコメントをご紹介。評論だけでなく自ら試行錯誤していこうとするマインドを持つことで、みんな幸せになりましょうよ。

これから日本は、大組織中心の高度成長型モデルではない新しい社会構造に変化していき、私たち一人一人は、過去とは全く違う「個と組織の関係」を模索しなければならない。

シリコンバレーにあって日本にないもの。それは、若い世代の創造性や果敢な行動を刺激する「オプティミズムに支えられたビジョン」である。・・・これから直面する難題を創造的に解決する力は、オプティミズムを前提とした試行錯誤以外からは生まれ得ないと信ずる


『ウェブ進化論』(梅田望夫著)


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/04/13 10:41 ] ビジネス書 | TB(11) | CM(3)


トラックバックありがとうございます。
こういう本が新書で発売されたということがなにより時代を感じさせます。
この本の影響もあってか最近web2.0という言葉がひとり歩きしてる感はありますが、情報社会は確実にあたらしい局面をむかえています。
警戒したり、したり顔で警鐘をならしたりするよりも、キチンと見極めることが大事なのでしょうね。
[ 2006/04/14 01:27 ] [ 編集 ]


TBありがとうございます。Web2.0などに代表されるネットがもたらす革新がわかりやすく書かれていますね。私の周囲でもかなり好評です。
[ 2006/04/14 05:42 ] [ 編集 ]


>のぢさん、コメントありがとうございます。
まさにおっしゃるとおりと思います。無意味に危機感を煽って後は知らん顔の一部のマスコミや評論家はほっといて、状況を見極めた上でマインドをしっかり持って実践していくことに尽きるのでしょうね。

>熱都力学さん、コメントありがとうございます。
一見「ITの本か~」と敬遠する層も多いのですが、実際に読んだ方からは好評です。最近の新書ブームの中でも、これは大当たりですね。
[ 2006/04/14 09:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/66-c872c9b7

会社の同僚に勧められて読みました。司馬遼太郎以外の本、特にIT系の本を読むのはす...
[2006/04/13 14:37] kawama.jp
今まさにこの時に発刊されるべき「旬」な本というものがあるならば、2006年初めのこの時期は梅田望夫氏の「ウェブ進化論」だろう。 この本が発売された2月7日から今
[2006/04/13 21:59] くりおね あくえりあむ
■IT界の名言・格言 『ウェブ進化論』シリコンバレーにあって日本にないもの。それは、若い世代の創造性や果敢な行動を刺激する「オプティズムに支えられたビジョン」である。「何かを表現したって誰にも届かない」という諦観は、「何かを表現すれば、それを必要とする誰
[2006/04/13 22:46] 本の中の名言・格言
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まるposted with amazlet...
[2006/04/14 01:17] カラテスタイル
素晴らしい本に涙。石塚です。
[2006/04/14 02:02] BIGLOBE平社員ブログ
 3月10日に,発行された「ちくま新書」の一冊です。  この本を読むきっかけは,
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる梅田 望夫 筑摩書房(2006-02-07)Amazonで詳しく見るby G-Tools【評価】グーグルという断面からWebを斬り抜いた快刀乱麻【概要】著者は、次の十年の三大潮流は「インターネット」「チープ革命」「オープンソース」であると....
トラックバックありがとうございました。
[2006/04/17 00:54] 10倍ブログ(自己啓発編)
放送局勤務者としてショックを覚えたこの1冊。「ウェブ進化論」という本を読みました。この本は大変お勧めです。ただし条件付で。「早く読んで」ね。ということです。
[2006/05/12 23:10] オモヒノタケ
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる梅田 望夫 筑摩書房 2006-02-07売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools今年21冊目。おススメ度★★★★★めちゃめちゃ面白いです。皆さんもぜひ読んでください!このブログでも紹介した『アルファブロガー』という
「WEB2.0へ」今後webの世界はWEB1.0から2.0へ変化していく。これが本書のWEB進化論です。WEB2.0とは不特定多数無限大信頼有かつネットのあちら側のカテゴリなのですが、と言っても誰も分からないのでこのWEB2.0へどのように向かっていくのか序章~終章 計8章に渡って、丁
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。