今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『探偵ナイトスクープ』@「人の特性」に着目する企画 

先週不幸があって関西に帰っており、久しぶりに『探偵ナイトスクープ』を見る機会に恵まれました。

関西在住時は毎週欠かさず見ていたのですが、東京では放映時間が深夜かつ不安定で非常に見るのが大変になり、いつしか遠ざかっていました。(今は放映しているのかどうかもよく知らない・・・)

『探偵!ナイトスクープ Vol.1&2 BOX』



局長は上岡竜太郎から西田敏行に代わり、探偵の顔ぶれも少々替わってはいますが、円広志の主題歌も岡部まり秘書も北野誠も桂小枝も健在でした。嬉しかったなあ。

※円広志の主題歌『ハートスランプ二人ぼっち』収録のベストアルバムはこちら。もちろん「とんでとんで」も入ってますよ~

その日も3本の視聴者依頼に探偵が調査に乗り出し、笑ったり感動したりの1時間でした。「身障者の息子が無事就職して働き始め、貯めたお金で母親にバイオリンを贈ったものの、なかなか演奏しようとしない。ぜひ演奏を聴いてみたい」という依頼を調査したところ判明した事情とは?・・・いやー、明るく振舞うお母さんの口から出た想いに何だかウルウルしてしまいましたよ。

それにしても、関西では常時20%の視聴率を叩き出すこのオバケ番組が、関東ではまったく冷遇されている(というか受け入れられていない)のは、どういうことなのでしょう。

ちなみに、東京にずっと住んでいる僕の友人に言わせると「面白いことは面白いんだけど、ちょっと引いちゃう」のだそうです。あと「これで笑っていいのだろうかという違和感」を言う人もいますね。


『探偵!ナイトスクープ』の面白さといえば、依頼者(一般視聴者)と探偵(プロの芸人)のかけあいにあるのではないかと思います。東京でやっている番組でこれだけ面白い一般人はなかなか出てこないですよね。

昔、東京在住の方からの調査依頼で「関西の人はチャンバラで斬るふりをすると、大げさなリアクションで倒れるって本当ですか?」というネタがあったのが楽しい記憶に残っています。たしか梅田の阪神百貨店前の大きな歩道橋の上でロケが行われまして、大半の方が「あ~!や、やられた~・・・」というお約束のリアクションで倒れていたものです。

関西に行ったことのない方がこのブログをご覧になっていたら「うそだろ」「ヤラセだろ」とか思われるかもしれませんが、本当の話です。

関西人ならではの特性を受けて、この一般人参加の構図が関西で爆発的なエネルギーを生むのですね。当初からそれを明確に意識した企画だったのかどうかは不明ですが、この本を読んでみると、(無意識かもしれませんが)「関西パワー」を前提にした番組として走り続けていることは明らかに見て取れます。

『探偵!ナイトスクープ―アホの遺伝子』

考えてみると、地方という特性をプラスに活用するという試みって、意外と穴場なような気がしてきました。「地方を元気にしよう!」という掛け声は聞きますが、すぐに特産品だ姉妹都市だ商業施設誘致だといった物質的な特徴に関してばかり(特に官は)意識がいっているのではないでしょうか。

大阪人のノリは分かりやすい話ですが、人の個性や特質に着目したマーケティングに可能性を見出すアプローチはもっと注目されていいのではないかと、桂小枝の小ネタ集に腹を抱えつつ思った次第です。

【今日の学び】
文化の特性は、組織や地理だけでなく、暮らす人の個性にも宿るもの。「人」に着目したマーケティングは意外と穴場なのかも。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!

DVDが発売になったのですが、ご覧になりました?
伝説となっている爆発卵のネタは、やはり伝説です!なんであの絶妙のタイミングで・・・もう笑いの神様が降りてきたとしか思えません。これだけでも買う価値ありです。ほんとに必見。

『探偵!ナイトスクープ Vol.1&2 BOX』


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/06/13 13:09 ] テレビ | TB(1) | CM(4)


こんにちは!

当時、ナイトスクープは
東京では、1週間遅れ、しかも深夜の3時代に放送という条件でしたが、
大好きで見ていました。

ネーポン、漢字少年、犬が散歩で必ず飼い主を噛む、などなど憶えてるもんですね。

最近DVD化されたのも、動画サイトの影響が大きいかもしれません。
今年前半の話題サイトといえば、You Tubeですが、
2日間ぐらい笑い転げたのは、やっぱ、幸ちゃんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=jL8hpLAUbew

↓これも地元人しか分からない笑いのツボですよね。
寝屋川市 VS 枚方市
http://www.youtube.com/watch?v=FWwbFrxRRAs
[ 2006/06/13 14:44 ] [ 編集 ]


中里さん、こんばんは。コメントありがとうございました。

YouTubeはすごいですね~(とにかくグレイですが・・・)
懐かしい映像はもはや関西人の共通カルチャーといえる記憶を呼び覚ましてくれます。

ドブ貝は料理できるんだよ、とか、炊飯器のご飯は3年も放置していてはいけないよ、とか。これぞ関西の常識(汗)。DVD化バンザイ!
[ 2006/06/13 23:55 ] [ 編集 ]


TBありがとうございました。面白い番組なのに、関東ではあまり人気がないですね。笑いのツボがちがうのでしょうかねぇ。また、遊びに来てください。
[ 2006/06/14 12:31 ] [ 編集 ]


ジョニーさん、コメントありがとうございます。
記事にも書きましたが、笑いのツボもまさに「文化」「特質」なのかもしれませんね~

ブログも楽しく読ませていただきました。また遊びに行かせていただきます!
[ 2006/06/14 21:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/80-d7283c1c

円広志円広志(まどか ひろし、1953年8月21日 - )は、日本の歌手、作曲家、タレント。本名篠原 義彦(しのはら よしひこ)。高知県安芸郡_(高知県)|安芸郡東洋町出身
[2007/02/06 01:39] ルカのブログ
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。