今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『LEONの秘密と舞台裏』(岸田一郎著)@オトナの証。 

「量より質」の価値観が大人の証。もうひとつは自分スタイルへのこだわりかな。

ちなみに買ったきっかけは、前回紹介した高城さんの著書と同じく、土井英司さん@前回のスパルタ読書塾です。本書がレビュー大賞第2位でした。
【→関連記事「新装開店!スパルタ読書塾@アウトプットの自分らしさ。」

『LEONの秘密と舞台裏』(岸田一郎著)




装丁だけ見ると、生理的に拒絶してしまう類の本(失礼;)なのですが、「推薦者の“人”を信じて」購入・・・して大正解でした。


鬼門といわれたメンズ誌で「モテるオヤジの作り方」をコンセプトに圧倒的な強さを誇る雑誌『LEON』の編集長が、雑誌づくりを中心に流行や文化について語る一冊です。


岸田さんはときどきテレビなどでも拝見しますね。以前『情熱大陸』で「そんなんじゃモテないんだよっ!」とか怒鳴っていた映像が記憶に残っています。。。

そんなキッツいイメージが先行していた私ですが、本書のメッセージはきわめてわかりやすく、また実に示唆に富んでいました。


印象に残ったのは2点。(1)量より質。(2)本音に響く「スタイル」提案。

(1)岸田さんは断言します。

「ライフスタイル誌が成功するか失敗するかは、結局のところ人々の消費動向にどれほどの影響力を発揮できるか、という一点にかかっている

雑誌の成功というと「たくさんの人に買って/読んでもらうこと」と定義してしまいがちですが、それは違うと。

岸田さんは『LEON』発刊に際し、大部数は追求しないが読者の質は大切にすることを明言しました。

ここでいう「質」とは読者の購買力と購買意欲。たとえ数は少なくても、購買力が高い読者であれば、購買力が少ない読者をたくさん抱えている雑誌よりも市場への影響力は大きくなるというロジックですね。


(2)従来のライフスタイル誌では「アメリカントラッドとは」「腕時計とは」のような「●●とは」の記事が主流でした。

しかし岸田さんは考えました。読者が本当に望んでいることは何なのかと。

その結果「新たなスタイルを築くことで他人と差別化できる」快感にあるのではないか、という結論にたどり着き、単にモノを説明するだけではなく、「そのモノを使って△△することでまわりと違う自分が演出でき、モテますよ」といった提案を行い、多くの人の支持を得たのです(もちろんある程度の品格は保ちつつ)。

どんなアクティビティにも「道」を究めんとしている人はたくさんいるでしょう。それはそれでまったく正しいことなのですが、我々ライフスタイル誌の作り手が対象としうるのは、あくまで一般の人々、つまりはミーハーで移り気な「浮動票」なのです


そもそも要するに何がしたいのか?・・・を真摯に(かつ具体的に)問うていくと、このような切り口が見出せるのかもしれませんね。マーケ観点からだけでなく、ビジネス発想全般に関して学びがある大当たりの一冊でした。

こいつはお勧め!


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


『LEONの秘密と舞台裏』(岸田一郎著)


岸田さんは、8月14日付で主婦と生活社を退社したそうですね。

スタッフの引き抜き騒ぎなんかもあったと報じられていますが、せっかくこれだけの発想もできる人。世のため人のためにその力を活用していただきたいものです。


あと、チョッピリ気になったのがこのくだり。

“作り手の「自己表現度」といったものが高いほど、読者はかえって少なくなる”

・・・これってブログにも言えたりして??(惑)


『LEON×NIKITA トキメキレストラン&バー』

↑善悪はともかく“スタイルを提案する”という意味で楽しめるLEON本としては、こちらもトキメくかも(汗)★僕は読むだけで十二分に面白かったです!




スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/08/30 23:29 ] ビジネス書 | TB(2) | CM(2)


プチファイさん、こんにちは。
苦手なジャンルの本書をお読み頂きありがとうございます(笑)。

色々な意味で(笑)、この本はヤバかったかな、と。
これからもお互い良書の発掘に励みましょう!

ワタクシ、最近ハズレ(?)っぽいのが多くて、ブログの本の画像が
小さいこと小さいこと(笑)。←オフレコ(笑)
[ 2006/08/31 09:55 ] [ 編集 ]


smoothさん、コメントありがとうございました。

自分というフィルターを通していたら、この本との出会いはなかったでしょう。感謝感謝。

ヤバい本と出会い、どんどん学んでいきたいものです。
[ 2006/08/31 15:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://petitfight.blog27.fc2.com/tb.php/96-c816117e

LEONの秘密と舞台裏 カリスマ編集長が明かす「成功する雑誌の作り方」いつも応援ありがとうございます!【はじめに】◆おはようございます。今日はこれからお盆も休まず仕事をする予定smoothデス。
岸田一郎著「LEONの秘密と舞台裏 カリスマ編集長が明かす「成功する雑誌の作り方
[2006/08/31 20:27] うちっかわ
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。