今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『プロフェッショナルの自分カイゼン力』(西松眞子著)@相手を立ててこそ。 

相手を立てる美徳・・・日本人が世界に誇れる文化はこんなところにも!

『プロフェッショナルの自分カイゼン力』(西松眞子著)



イメージコンサルタントである著者が説く「自己演出の教科書」。

・・・といっても、自分がいかに目立ち売り込むかというだけの話ではありません。

まず相手を立て輝かせたうえで、自分自身もさりげなく輝く。そんなポリシーに基づく、著者が「自分カイゼン」と称するコツを具体的に解説した一冊です。


相手をやや上に置くスタンスで、他者を想い大切にしていると、やがて自分が周りから持ち上げられ、最終的には自分がやや上に置かれることになるというのが著者の理論です。

いわゆる欧米流のガンガン自分を売り込む術を語る本も多い中で、新鮮なアプローチだなと感じました。相手を大切にする中で、自分が気づいていない部分に気づきカイゼンするという考え方はとっても好感が持てますね


具体的な「コツ」が50紹介されているのですが、特に印象に残ったものをいくつか紹介しておきます。

・人は自分のことに一番関心を持っている⇒相手に興味を抱き関心を示すスタンスだけで劇的に相手からの評価は変わる

・ワンパターン人間になりかけていたら、女性的感性を持ってみてはどうか⇒いつも新鮮さ/意外さを求め、毎日新しい自分を発見したい、毎日生まれ変わりたい

自分ブランドを強調しなくなったとき、既に「ブランド人」になっている。どんどん自分を押し出すアプローチから、むしろ他者に関心を寄せ自分の押し出しを抑えてみることで、自然と良い雰囲気が発せられる

・挨拶は先手必勝、発言は後手必勝


ネクタイの色がどうのこうのといった部分「だけ」を取り上げられると、とても鼻につくのですが、相手を慮る中で自分をカイゼンするという考え方を身につけるのは大いに意味ありと思います

「自分はあまり関係ないな」と感じたビジネスパーソンのあなたに、特におすすめ。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!


『プロフェッショナルの自分カイゼン力』(西松眞子著)

心理学者ゴルウィツアー曰く「自己の有能さの自覚が自己卑下を可能にする」んだそうです。深い・・・

ちなみに西松さんの著書では、こちら(↓)も有名ですね。具体的なハウツー(メガネの色がどうのとか)「だけ」を見たいのであれば、こっちの方が手っ取り早いかもしれません。


スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2006/09/02 10:45 ] ビジネス書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。