今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~

あふれる野心と現実とのギャップにもがく36歳のビジネスパーソンが、日々の生活で得たちょっとした学びをつづり「明日もまた頑張るか=プチファイ!」な気持ちを共有していく場です。・・・Emory大学でMBAを取得して帰国しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cross-cultural Business Panelに行ってきました。 

BBA(経営学部)の教授から声をかけていただき、"Cross-cultural Business Panel"にパネラーとして出席してきました。

学部生向け授業の一環として、ビジネスに関連する異文化経験について、MBA留学生がBBAアメリカ人学生の質問に答え、教授が議論を適宜膨らませていくという形のパネルディスカッションです。

メンバーを替えて2回に分けて行われ、僕の回には、チリ・ブルガリア・シルビア・中国・日本からMBA1名ずつがパネラーとして参加しました。


まだ実務経験のない若い学部生ということもあり、前半は異文化に対する好奇心的な質問が続きました。「アメリカに対する印象はどうか」「文化的慣習で最も違和感を感じるものは?」といった感じの、ジャブ的なやりとり。

後半戦から、徐々にビジネス的な要素が入ってきます。例えば、「チームプロジェクトを進める中で感じる文化的な相違点は?」という質問がありました。僕が話したのは以下のような点です。

・アメリカ人は、自由にどんどん議論を広げていくのがうまい
・制限を設けずに互いの意見を尊重しつつ話を広げておいて、締め切りが近くなると急速に担当分担⇒アウトプットをまとめるモードに切り替わるあたりは見習う部分がある

・日本人は、整然と議論していくのが好きな傾向があるように思う
・ある程度最初にゴール/落としどころの見当をつけておいてから、順次仕事をこなしていくというイメージ

・どちらが優れているということはないが、未知の領域に取り組む際にはアメリカ流のアプローチが有効かもしれない
・日本流は、効率よくミスの少ない仕事の進め方という意味で強みがあるのではないか


「あー、そうそう。わかる」といった概ね共通認識といった反応でした。

他の出席者からの意見で印象深かったのは「アメリカ人は各人の強み(数量計算、資料作成、議論の仕切りなど)を明確に意識していて、強みを生かした役割分担に早く持っていこうとする傾向があるように思う」という話でした。

ああ、そうかも。「チームワーク」というと、僕なんかは「みんなでひとつの仕事を片づける」というイメージなのですが、アメリカ人とチームを組むと、「責任分担⇒自分の仕事をやり遂げる」という感じが強いです。もちろん、人にもよりますけどね。



(↑昔読んだ本なんですが、きっと今読むと更に分厚い学びがありそう。再読してみたいと思います)


特に興味深かった質問をひとつ。

最近日本のビジネススクールに行ってきたという教授から、突然「日本企業に就職した学生の典型的な初日の過ごし方を教えて」と振られたのです。

最初、質問の意図が全然わからなかったのです。頭の中に??がつきながら、日本製造業の現場主義みたいなことを期待しているのかなあと思い、「最初の配属先は本社ではなくて、地方の工場や営業所でまずは現場を見るところからキャリアを始めることが多い」云々と話していたら、なんとなく微妙な雰囲気に(汗)。

あれ、ピント外れてるか?と焦り始めたところで教授が「あー、いえいえ、初日の夜は何をしますか?」と助け船を出してくれました。

「え?・・・いや、営業所や工場の方々が歓迎会をしてくれて、皆で飲みに行ったり・・・」と言うと、クラスの皆さんが「Wow!」「Amazing!」と驚きの反応を。


いやいや、驚いたのはこっちなんですが(大汗)。

意外な反応に目を丸くしていると、教授が解説してくれました。

「アメリカでは、大学を出たばかりの新入社員に、周囲からすぐに食事に誘って皆で歓迎するといった習慣はないんですよ。個人の予定が優先で、親しい友人が職場にできてから、各自で食事などにいくのが普通。なので、職場全体で新入社員を大切に迎え入れるという文化は、日本の素晴らしいところだと思いますよ」


へええええ。 パネラーとして参加して、こちらが勉強させてもらいました。職場の飲み会も(適度にやる分には)、立派な日本文化なんですね~。

終身雇用という時代ではもはやないのかもしれませんが、人材を大切にする姿勢は日本のいい文化として残していければいいなと思いました。

※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!






[ 2010/04/10 05:55 ] MBA(学習) | TB(0) | CM(0)

Atlanta Braves開幕戦に行ってきました!(大興奮) 

待ちに待ったMLB開幕です。もちろん、我らが地元Atlanta Bravesの開幕戦(4/5, vs Chicago Cubs)を観戦してきました。

結論から言うと、今日はこれまでで最もエキサイティングな試合観戦になりました!!いやー、本当に面白かった。日頃のストレスも全部吹っ飛ぶ感じ。 その興奮冷めやらぬまま、以下勢いで徒然書き連ねます。


さすがは開幕戦。Turner Fieldもいつにも増して活気に溢れています。今日は53,081人(!)の来場で、Turner Fieldの歴代3位の観客動員だったんだそうです。

明らかに球場全体がウキウキしています。熱気にあおられ、思わず一枚。

tshirts


親子でChipper Jonesですな(照)。

3歳の息子も、最近は選手の名前を背番号とセットでフルネームで言えるようになってきた(!)ほどのファンぶりなので、揃って気分が盛り上がってきました!



開幕戦ということでセレモニーも豪華に行われました。アメリカ大陸の形をした国旗のまわりに全州のボードが並ぶ、荘厳な雰囲気の中で、まずはHank Aaron氏(王貞治に続く世界第2位本塁打記録保持者)によるメモリアル始球式


line

続いて、Turner Fieldが誇る世界最大の電光掲示板でコールを受けながら、両チームの監督・コーチ・一軍ロースターが全員紹介されながら入場です。

今年で勇退の名監督Bobby Coxにはひときわ大きな拍手が送られていました。

usasong


続いて、国歌斉唱が厳かに行われます。・・・そのとき!

fly


上空にはAir Forceが轟音とともに飛んで行きました!Flyoverという儀式だとか。写真はちっこいですが(それでもよく撮れたものだ;汗)、実物は大迫力でしたよ。



さて試合開始。開幕投手のLoweが初回にいきなり3ランを浴びてしまう悪夢のスタートだったのですが、その裏、いきなり我々は歴史的瞬間を目の前で見る幸運に恵まれたのです

Cubsの先発Zambranoに対し、我らのChipperが野手の間にポトリと落ちるタイムリー。McCannのヒットを挟んで、チャンスに滅法強いEscobarがしっかりタイムリーで続き、3-3の同点に。

jason-heyward[1]


そしてやってきたのがJason Heywardです。全米No.1のプロスペクト選手として注目を集めるなか、弱冠20歳で開幕メジャーを果たしたHeywardには、現地メディアでは「大器には間違いないが、1年目でどれぐらいできるものか」とお手並み拝見な論調で取り上げられていました。

そのメジャー初打席・・・(リンク先中央の画像をクリックしてください)





特大の3ランホームラン!

"Welcome to the SHOW!!!" アナウンサー絶叫です。そして絶句。。。

画像を見てのとおり、この瞬間、Turner Fieldは爆発しました。いやー、もう誰もが誰かとハイファイブし、何かを叫んでいる感じ、といったら想像できるでしょうか。

Chipperはグラウンドまで出てきてHeywardを笑顔&ハグで迎え入れ、ベンチもお祭り騒ぎです。

MLB newsでは"The stadium is UPSIDE DOWN!!!"との実況が入っていましたが、まさに天地がひっくり返ったような感じ。ぞわーっと鳥肌が立つ凄い瞬間でした。一晩明けた今でも余韻が消えないぐらい。あー、すごかった。



これで6-3と試合をリードしたBravesが、2回にも追加点でZambranoをKOすると、7-8回にも大量追加点。今日は面白いように点が入ります。

投げては、Loweがは3回に2ランを浴びるなどフラフラしながらも、McLouthの超好守などに助けられながら6回まで辿り着くと、あとは鉄板の中継ぎエースMoylan⇒今年BOSからやってきた斎藤⇒ベテラン新守護神Wagnerが無安打でピシッと締めて、終わってみれば16-5で大勝。

saitofukudome

↑ 日本人としては、斎藤vs福留を見られたのも嬉しかったですね。(福留の左飛)点差が大きく開いていたので、通常なら斎藤は出ないところ、今日は調整も兼ねての登板だった様子。2三振を奪うなど内容もバッチリで、ちょっと嬉しかったです。福留は他球団とやる時に頑張ってほしいものです。


Wagnerは新加入にもかかわらず、早くも入場用のテーマ曲とプロモーションビデオ?のようなカッコイイ映像が流されていたのに驚きました。観客もスタンディングオべーションでWagner入場を迎えていました。とんでもないビッグネームなんですね~。

lastout

9回2アウトになると、全員立ち上がって一球ごとに大歓声です。最後はWagnerがしっかり三振で締めました。


とにかく試合全体を通じて大満足のOpening Day観戦でした。青空の下、大観衆の中で、時にはノンビリ、時には声を張り上げて(アメリカは応援などを強要しないのが好きです)応援するのは最高のひとときでした。帰国までにまた是非足を運びたいものです。Go Braves!!


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!






[ 2010/04/07 06:17 ] MBA(生活) | TB(0) | CM(0)

オバマ大統領も大好きなバーガー@FIVE GUYS 

アメリカはどの街に行っても、とにかくバーガー屋が多いのに感心させられます。完全に「文化」の域に達していますね。

強いて言うと、日本におけるラーメンのような存在でしょうか。・・・昼食に。サイドディッシュをつけて夕食に。飲み会の締めに「とりあえずバーガー行っとく?


どこのバーガーが好きか?は、ときどきクラスメイトとも話題になります。人それぞれに好みがある中、おそらくファーストフード系では最大級の支持を得ていると思われる、FIVE GUYSに行ってきました。

商品とサービスの品質がconsistent(一貫している)なのがスゴイ」との評判。

いまバーガーチェーンといえば、「東部のFIVE GUYS、西部のIN-N-OUT」らしいです。


1986年にArlingtonで創業したFIVE GUYSは、Washington DCで大ブレイクを果たします。オバマ大統領も大好物なんだとかで、下はその映像。



(残念ながら画像はないのですが、選挙中はスタッフの分までよくまとめ買いしてたという記事も読んだことがあります)

店内に共通して置いてあるのは、巨大な段ボール箱。中にはピーナッツが山盛り入っていて、バーガーを待つ間、自由に取って食べてOKです。

fiveguys3


メニュー構成はごくシンプルです。バーガーのサイズと、チーズ・ベーコンの有無が違うだけ。あとはホットドッグ、フライドポテト、ドリンク。以上。他チェーンが大量にばらまいているようなクーポン類やセット割引もなし。それでも大人気です。

ここのバーガーの特徴は、注文時にトッピングを自由に好きなだけ選ぶ点です。

Mayo, Relish, Onions, Lettuce, Pickles, Tomatoes, Grilled Onions, Grilled Mushrooms, Ketchup, Mustard, Jalapeno Peppers, Green Peppers, A-1 Sauce, Bar-B-Q Sauce, Hot Sauce


大量リストですが、気にせずどんどん乗せてもらいましょう。 個人的には、Tomatoes, Grilled Onions, Grilled Mushroomsの3点セットに、その日の気分でソースを選んで Cheeseburger に合わせるのがお勧め。

厨房は清潔なオープンキッチンになっていて、店員さんが忙しそうに野菜を準備したりフライを揚げています。

fiveguys1


う、うまーい

ジューシーで、とにかくフレッシュです。マッシュルームってこんなにバーガーに合うんだなあと感動。トマトも新鮮な輪切りがドンと入っていて、嬉しくなります。

うちの奥さん的にはBest burger in the USAとのことですが、過言ではないかも。


fiveguys2


写真を撮り忘れましたが、フライドポテトがまた実に美味しくてお勧めです。注文毎に100%ピーナツオイルで揚げているので、アツアツで、かつ胃もたれしないんですね。まさにフレッシュ、な感じ。

ひとつ注意すべきは、信じ難いほどのボリュームです。レギュラーサイズを頼むと、日本人ひとりでは確実に食べきれない量が出てきます。

レジの横にカップの見本が置いてあるのですが、商品を受け取ると、大量にカップをあふれたポテトを目の当たりにして唖然とすることでしょう。(カップ見本の意味なし)

隣の席で、若い男性3人組がレギュラーポテト2人前を食べていましたが、テーブルがポテトの海になっていたのには笑ってしまいました。



あと付け加えたいのは、サービスの質。すでに何店舗か行きましたが、どこでも店員さんが実に親切でフレンドリーです。

今回、注文の際に誤ってポテトを一つ余計に頼んでしまったのですが、忙しい中にもかかわらず、レジのお姉さんも、厨房のお兄さんも笑顔で「大丈夫、問題ないよ!」と、実に丁寧な応対で、ポテト代と正しい注文を持ってきてくれました。

正直、アメリカのファーストフード店員というと、ガラの悪そうな(失礼)兄ちゃんおばちゃんが無愛想にレジを打っていることがかなり多いのです。今回のような注文ミスなんかあった日には、逆ギレされそうな。

店内の設備などは、他チェーンと比べて、とんでもなく優れているわけでもないと思います。けれども、子連れで安心して美味しいものが気分良く食べられるという信頼感は絶大。マクドナルドよりは高いです(バーガー、フライ、ドリンクで$10くらいかかります)が、十二分に価値ありです。


アメリカ文化のひとつの象徴ともいえるバーガー
どうせなら美味しいのをいっときましょう


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!









[ 2010/03/22 01:48 ] MBA(生活) | TB(0) | CM(0)

元投資銀行の教授が語った「大切なこと」 

いま僕が受講している科目のひとつに「Investment Banking」があります。

シカゴでMBAを取り、元投資銀行(ドイチェのM&A部門でGMだったそうです)のKevin Crowley教授が教える人気講座です。

professor

(大学公式サイトより)

ご覧のとおり、見た目もかなりの男前なのですが、それ以上にかっこいいのが学習に際してのポリシー。


Simple is best。fancyなpowerpointは評価しない。」

「説明が必要なspreadsheetはダメ。満足させるべきは自分ではなく顧客だ


おおー

実際ご自身も、クラスではシンプルな単色スライドを使って淡々と説明を進めるスタイル。こういう講義ベースの授業はとかく退屈になりがちなのですが、Kevin Crowley教授については、学生間でも評判が上々。とても分かりやすい。そのうえ、自身の投資銀行での経験をときどきジョークまじりに織り交ぜてくるあたりがにくい限りです。

実務と学問、両方の世界で実績がある方なので、どこがキモなのかがちゃんとわかっているという感じです。

僕はFinanceでの実務経験がそれほど強くなかったのですが、授業がわかりやすいうえに、質問に対して非常にスマートに教えてくれるおかげで、苦手意識が格段に下がりました。




さて、昨日のクラスでしびれたひとことをメモ。

今学期前半は、主にValuation(LBOやIPOなど)について学び、昨日は後半のスタートとしてM&A概論を取り上げたのですが、解説中にふと教室を見まわしてひとこと。(以下、翻訳は文責私)


「僕は投資銀行でM&Aに14年間かかわってきた。とてもハードな最初の2年間をすぎると、ひととおりM&Aはこなせるような気分になった。」

「けれども、14年たってこうして教壇に立つようになっても、テキストの復習が必要なことがあるぐらい、M&Aは複雑なものだとわかった。」

「だから、君たちはすべてをわからなくていい。仕事で大切なのは、次に何がやってくるかをわかっておくことだ」



おおー、しびれる

翻訳すると感じがでにくいんですが、少しでも雰囲気が伝わればと思います。

これって、M&Aだけじゃなくて、すべての仕事にも通じる話ですよね。こうした日々の学びが、何気に自分の血肉になっていくような気がします。


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!






[ 2010/03/18 09:37 ] MBA(学習) | TB(0) | CM(0)

仕事選びでの優先順位 @ international MBAs 事情 

MBAに期待することは人それぞれですが、自分の人材市場における価値アップを求めない人はいないでしょう。実際のところ、大半の学生にとっての最大の関心事項は「次にどんなjob opportunityを得るか

学生間での話題に上がらない日はないと言っても過言ではありません。今日はこれまでの会話から感じた、仕事選びにおける価値観のcultural differenceについて記してみたいと思います。

*以下は、私が学生との会話で得た印象を主観的にまとめたに過ぎないことを念のため付記しておきます。一般論化するには無理があるのは当然です。・・・が一方で、かなり文化の違いの根本に迫っているような気もしています。





●アメリカ人

仕事領域

最優先事項は「どんな領域の仕事か」。日本の大企業でよく見られるjob rotationは、アメリカではあまりポピュラーとはいえないようで、FinanceならFinanceのプロの道を追求していく傾向が強い感じですね。

「広くいろいろな経験を通じて成長していきたい」のようなアプローチは、ピンとこないようです。

サラリー

サラリーは世界共通で大切な要素ですが、特にアメリカ人学生の間でこだわりを感じます。相当シビアに交渉しているようで、日本人社費派遣の自分にはなかなかついていけない(汗)世界です。

MBAの授業でNegotiationが大切な科目になっているのが理解できる瞬間です。


●ヨーロッパ

文化的なフィット感

ドイツ・イタリア・フランス人学生が一致していたのが、「ヨーロッパではアメリカに比べてlong-spanで就職先を考える傾向が強くて、実際のところ転職率も低い」こと。

jobを渡り歩いてサラリーを上げるというよりも、同じ会社でポジションを上げることで責任権限を上げていき結果としてサラリーも上がるというイメージ。なので、"肌に合うかどうか"がとても重要だと。

「考え方は日本に近いんじゃない?」とも言われました。

Life planのベースになれるかどうか

上にも書いたように、会社が人生において占める比重が比較的高めなため、(1)組織として安定している、(2)個人の生活を制約しない、ことが大切な要素のようです。

「アメリカ人は仕事よりも家庭を取る、日本人は家庭よりも仕事を取る」とはwork/life balanceを論じる際に使われる対照図式ですが、彼らはもう少し広く、人生に対する個人の価値観を尊重してもらえるかどうかが、job選びのポイントになっていると言います。ひとことでいうとflexibilityでしょうか。

「だって、仕事もちゃんとやりたいし、食事も毎日2時間楽しみたいからね!」という、イタリアの金融が第一志望のボンジョルノな交換留学生は、アメリカと日本では絶対働きたくないんだとか。そりゃそうか。


●インド、中国

キャリアにハクがつくかどうか

インド、中国人学生の間で驚くほど共通しているのが「数年後にサラリーupのプラス材料になるかどうか」という観点です。

BRICsという言葉が生まれてずいぶん経ちますが、現在も経済高成長を続けている両国内では、条件を厳しく設定しなければ、job opportunityも比較的容易く得られるとのこと。

そんな中、敢えてMBAに投資するのは、将来のキャリアアップのため。国際企業(特にUS company)における実務経験は、たとえ数年間でも、人材市場において明確な差別要因になるのだそうです。

逆に、競争も激しいので、ポテンシャルやB-school卒業というだけでは、大きな強みにはならないというのもリアルな話です。

economic downturnを受けて、特にVisa取得などのハードルもある留学生には厳しい状況が続いているのも事実ですが、それでも追求する価値があるということなのでしょう。





社費派遣組が大半を占める日本人留学生も(私を含め)、人生における優先順位とキャリアのかじ取りを常に考えるべきである点は変わりないはず。

さて、あなたにとっては、何が大切?


※人気ブログランキングです。少しでも学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします!






[ 2010/03/15 06:04 ] MBA(学習) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

プチファイ!

Author:プチファイ!
秘めた野心と現実のギャップと日々戦う36歳のビジネスパーソンです。
しんどいことは沢山あるけど、日々の生活にころがっているちょっとした発見を心の糧に「ちょっとだけ頑張ってみよう!」という思いを大切に前に進んでいこうと「プチファイ!」と名づけました。

AtlantaのEmory大学でMBAを取得してこのたび帰国しました。また新たなステージで一歩一歩前進していきたいものです。

【人気ブログランキング】何か学びがありましたら、ぜひココをクリックしてやっていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。